メニュー

2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[3487]   現実は北風  −H30.4.21 (土)−


どうも日本のマスコミは米首脳会談の結果 や経済についての会議より、「セクハラだったのかどうか不明な話」の方が重要だと思っている様ですね。^^;

対外的な事や自分達の生命や経済に関わってくる話しより、まず下品な話は許さないというその姿勢。
本当、紳士淑女ばかりの立派な国です。

まあ、本当、「憲法改正させないためなら何でもやってやる!!」という一所懸命さには頭が下がります。
その必死さを少しでも前向きに出来たら、間違いなく日本も良い方向に進むと思うのですが・・・。

さて、北朝鮮がICBMと核実験の中止を表明しましたね。
まあ、本当にするかどうかは不明ですが、これもアメリカの「どうしてもやると言うならやるぞ!」という態度。

中国に対する経済戦争による強気に対して、中国が「僕は敵じゃないんだよ!><。生意気な事を言っていた子分の北朝鮮に謝らせるから、その誠意を受け取って。;;」という事でしょう。

どこかの国の人が言ってましたね。
「話せば分かる」
「厳しくするより、優しく接した方が心を開く」
「日本の制裁は間違っている。北風と太陽の太陽じゃないと!」
という様な事を。

国際社会で通用するのは「下品な話を絶滅する」という崇高な精神では無く、ただただ「力」(経済力・軍事力)次第という事なのでしょう。

何せ世界には常識の通用しない、下品な国が多いですからね。
特に日本の周辺国には。

ただまあ残念な事が日本の抗議の結果ではないという点。
そして、日米首脳会談でアメリカに拉致問題のお願いをせざるを得ないという点ですね。

自国民を救うのに他国に頼らなくてはならない。
世界で経済大国3位
世界の軍事費で8位
その日本が。

本当、さっさと憲法改正をして自国民を守れる国になって貰いたいです。
いくら貯金しようが、いくら良い暮らしをしようが、ミサイル一発ですべて無になりますからね・・・。


[3486]   創作ニュース  −H30.4.18 (水)−


二日続けて下の話で申し訳ありません。
福田事務次官の「セクハラ疑惑」についてですが、興味がないのでよく分かっていないのかも知れませんが、あれはセクハラなんですかね???

いや、下品ですよ。
そりゃあ下品です。

ただ、セクハラって、された方が訴えて初めてセクシャルハラスメントになる訳ですよね?
されたという本人次第。

例えば、福山雅治やジャニーズの誰かが言ったら、不快ではないのでセクハラではない。
でもちょっとどうかな?という人、簡単に言ったら生理的に嫌!という人が言ったらセクハラとなる。

セクハラかどうか?というのは、言われた本人次第な訳です。
そしてここ重要なのですが、セクハラって下品な事を口に出したり、触ったりする事を指すのではありません。

となると、果たして福田事務次官がやった事?言った事はセクハラなのでしょうか?

何せ「セクハラされた」という人が、誰かすら分からない。
被害者がいるのかどうか分からない。
なのにセクハラと騒ぎ立てられる。
その本人が「セクハラされました」と言わなくてはならないのです。

そして麻生大臣や財務省が「誰が言ったのか分からない。セクハラなのかも分からない。それで騒がれても困る。もしセクハラだというのであれば、被害者の方は出てきて貰いたい」と言うのは、逆に凄くこの件について真剣に向き合っているという事では無いでしょうか???

まずセクハラとは、周りが決めるものではありません。
言われた、された者が決めること。

何を言ったか?
だけではセクハラにはならないのです。

いや、下品ですよ。
間違いなく下品です。
確かに酔っぱらった、ただのエッチなおじさんです。

しかしそれだけでは、何が問題なのかよく分からない。
というよりも、またマスコミお得意のイメージ作りによる自民党叩きではないでしょうか。

本当、マスコミは偏向報道どころかフェイクニュース、印象操作しかしませんからね。
あるマスコミなんて米山知事ですら問題がないかの様に報道していますから。
独身知事の自由恋愛の範疇であるかの様に。(笑)

ダメですよ。
出会い系サイトで一回三万円も払っては。
しかも複数の女性と。
それがOKなのであれば売春は犯罪ではなくなりますよ。^^;

ただまあ、福田事務次官の話はおいおいと常識的な話が出て来るでしょうし、何の根拠も無いので話自体が消えて行くでしょう。
米山知事のニュースと相殺で。

そして自衛官による小西議員への「国民の敵発言をターゲットにしていくのではないかと。
あれはさすがにダメです。
自衛官がいくらその通りだとしても、電話をして文句を言ってはなりません。

そういう事は民間が言います。
小西洋之議員は日本国民の敵です。

ある意味、その自衛官には民間人として申し訳ないです。
本来であれば日本国民が自らの手で小西洋之議員を落選させて、ただの反日活動家にさせなくてはならなかったのですから。

と、米山知事を当選させたり、自民党の候補者を落選させてしまっている新潟一区の人間である私が言っても、何の説得力もないですけどね。orz

まあ、何だか最近下ネタばかりが話題で、朝のテレビを見ていて小学五年生の子供に「この人は何をしたの?」と聞かれても答えられないので、そろそろやめて頂きたい。

しかも切り貼り、切り貼りの創作ニュースでは無く。

もっと高尚な、重要な話を出して頂きたい。
いくらでもある筈ですよ。
安倍総理とトランプ大統領の対話についてとか。
北朝鮮問題とか。
日本の社会主義化についてとか。

報道は真面目にやって欲しい。
そう切に願う今日この頃です。

〜4月19日追記〜
福田事務次官、辞任しちゃいましたね。
しかもされたという人がテレビ朝日の記者だとか。
何を考えているのやら・・・。


[3485]   愛すべき・・・?(笑)  −H30.4.17 (火)−


新潟県を除く全国46都道府県の皆様。

この度は「知事」という職を、史上最も恥ずかしい辞任理由で辞職する「知事」を新潟県より出してしまいました事、心より深く深くお詫び申し上げます。

いえ、私はこの知事には投票していませんが。
それでも私の住む新潟県の行政のトップですからね。

あ、、、いや辞任はしていないんだった。
辞任するかどうかは今週発売の「週刊文春」がどの程度まで事実を掴んでいるか、言い訳が通用するかしないか見てから決めるとの事でしたね。

凄いですよね。
週刊文春。
県知事が記事の内容次第で辞任するかどうか決めるのですから。

いや、違うか。
文春の記事を見てから決めようという米山知事が凄いのか。

しかし本当、凄いの一言ですね。

インターネットなどを通じて女性と知り合い、男女関係を持ったことを示唆。
知事就任前のほか、就任後も「短い期間に数回ある。相手は全て独身の方。未成年ではない」と説明した。
金銭の授受については言葉を濁し、違法性の有無を問われると「自分の中ではそういうつもりではないが、そうであると取られる余地はある」と説明し、涙をみせた。


ですよ。^^;
新潟県知事が出会い系サイトで知事就任前も、就任後も女性と出会い、金銭の授受については言葉を濁すというバレバレ具合がまた。。。
売春は犯罪です。

しかも「全て独身の方」ですよ。
深いですね。
「全て=沢山の相手がいた」と告白。
「独身の方=不倫では無い。もしかしてそれならOK?」という思考ですよ。

こうなると「未成年では無い」というのも、どうやって確認したのか不明です。
ちなみに未成年であろうがなかろうが売春は犯罪です。

いやはや、いやはや・・・。

本当、以前も書きましたが、「勉強が出来る=頭が良い訳では無い」、「=優秀な訳では無い」というのを教えてくれる人物でしたね。
でも勉強は大切ですけど。

おかしなTwitterばかりしていましたからね。
何の関係もないものに絡んでみたり、
言い訳が見苦しかったり。

これはこの話を聞いたある人の意見ですが、あの変なTwitter投稿の時。
その前の晩にしでかしていたのではないか。

そして翌日は、有頂天になり(何故か)無敵の気分で投稿していたのではないか。
おかしなツィートをした回数を数えれば、何人と出会ったのか分かりそうだ。
との話でした。

知事公舎にはさすがに呼んでいないですよね?
まさか相手は新潟県民ではないですよね?
他都道府県に出張した際の話ですよね???


しかし本当残念です・・・。
米山知事が出会い系サイトで出会い、金銭の授受をしていたかも知れないという事が残念なのではなく、こんな人間を「反原発」と言っただけで当選させてしまう新潟県が残念。

この件について、米山知事を推薦した、社民・共産。
蓮舫、森ゆうこ等々は何と言うのでしょうかね???
次の知事選挙でも平気な顔をして推薦とか、応援演説とかしに来ちゃうのですかね???

知らぬ顔で平気で来そうだな・・・。

それにして事実は小説より奇なりとは言いますが、落語より面白かったです。
最後に毒が溢れてしまった。

でも、正直なところ、今回の件で米山知事がちょっと、いや大分好きになってしまいました。
今なら一緒に呑みたいくらいです。

もう本当、ここまで頭が飛んでいるのを知ったら怒りを通り越して笑いしかないですからね。^^
出会い系サイトで春を買いまくって辞職する知事って・・・。
うはははははははははははははははは。^^


[3484]   大爆笑してきました  −H30.4.16 (月)−


行って参りました!
「笑福亭松喬襲名披露公演」!!



笑点に出ている人や、小朝師匠。
桂米團治などなど。

はい。感想です。
面白かった。
面白かったのは間違いない。
がしかし・・・

私の夢で
・朝から相撲を見て、素人の様な取り組みを見る。(酒を呑みつつ)

・朝から落語に行って新人の落語からすべて聞く(出来れば酒を飲みつつ)
というのがあるのですが、今回行ってみて「意外と朝から行くとちょっと辛いかも。^^;」なんて思っちゃいました。

今一つな落語を聞くのは辛いものでした。。。。
うははは。^^;

ただ、笑福亭遊喬の「上燗屋」は滅茶苦茶面白かったです。
も〜本当、「これが落語だな!!」と思いました。
あまりにも面白かったので、枝雀やその他の噺家さんの「上燗屋」もYouTubeで探して見ましたが、遊喬の上燗屋の方が面白かったです。

枝雀よりもですよ!!
これ凄いですよね?
って、落語をまったく知らない人には「???」でしょうけど。

とりあえずそういう方はYouTubeで「枝雀 代書」で検索して見てみて下さい。
どれだけ面白いか分かりますから。^^

遊喬の他の話も聞いてみたいと思い、YouTubeで探したのですがありませんでした。
残念。orz

さて、ただ馬鹿笑いをしに行ったのではありません。
松喬という名を襲名したという七代目がどんな思いで仕事という、向き合っているのかも知りたくて行きました。

パンフレットに素晴らしい言葉が。



本当、凄く真面目なのでしょう。
一所懸命に生きていると伝わる挨拶文です。

噺家ではありませんし、芸ではありませんが、私達が日々向き合っている仕事も「これで良いや」や「どれだけ楽に出来るか?」ではなく、「ザルで水を汲むようなもの、手を止めた時点で終わり」の意識でやって行きたいですね。

つい先日、書いた
「効率良く」と「手を抜く」は区別が付きにくい。
だからとにかく手を掛けて仕事をするのが大事。
という話ですね。^^


【おまけ】
県民会館の第一ホール?に入ったのは高校以来でした。
昔のイメージは凄く広いイメージでしたが、今回行って「ちょっとだけ広い映画館?」という感じでした。

新潟県民会館も作り直さなくてはならないやも知れませんね。



この緞帳は歴史があって格好良かったです。
きっと名のある芸術家の方がデザインされたのでしょう。


[3483]   初体験してきます  −H30.4.13 (金)−


私は落語が好きです。
小学生の頃は母の車で移動する際は常に枝雀の「代書屋」が流れていたので聞いていました。

「ガタロウ商を営む」ってやつです。

小学校の時は図書館で落語の本を借りて読んでいました。

あのちょっと間抜けな、ほんわかした世界観が良いんですよね。
ホッとすると言うか、ワクワクすると言うか。

そして落語家を描いた漫画も好きです。
最近は「どうらく息子」を読みました。
もちろんタイガー&ドラゴンも好きです。

しかしながら、、、
今まで一度も寄席に行った事もなければ、落語を目の前で聞いた事が無い。

しかもCATVでたまたま流れていた高座をチラリとしか見た事がない。

がしかし・・・

これ



が、これ



エフエムしばた様。
ありがとうございます。

そしてFBで教えてくれた「中村 博和」くん。
ありがとう!!

今日は大急ぎで帰り、行って来ます。
楽しみだなあ。^^


[3482]   これが最後  −H30.4.12 (木)−


不平不満や文句を言うと一瞬だけスッとします。
でも、そんな事を気にせず楽しく行こう!と思うと、パーッと前が開けます。

一瞬の快楽も時には良いでしょうが、出来るだけ明るく生きた方かずーっと良いでしょうね。^^

という事で、今後は国や政治などの大事以外の不平不満は書かぬ様にいたします。
いや、これ本当。本当なのよ。
うははは^^


[3481]   第68回アノ方日記  −H30.4.11 (水)−


さあ!今月もまたアノ方より日記を頂戴致しました!!
今回は原稿を頂いた際に「毒吐き日記」とお聞きしていたので、より一層楽しみに。
うははは^^

今回は先にこっそりと読ませて頂きましたが、私の毒吐きとは違い爽やかな(?)毒吐きです。
というか、日本人全ての常識になって欲しいと思います・・・。

という事で、ではどうぞ!!^^

・・・・・・・・・・

巷では安倍内閣や自民党は、長期政権で「おごっている」などと言われています。
そりゃ人間だもの、驕ることもあればへりくだることもあるでしょう。人間だから。

しかし自民党や首相が驕っているのなら、野党やマスコミは「腐っている」のです。しかも人間が腐っているのではありません。
リビングデッド、くさった死体(いずれもドラクエより)の類です。本当に腐っているのです。

彼らは、我こそは凶悪な魔王「アベソーリ」を倒さんがための勇者である、というつもりでしょうが、トンデモありません。自分たちが悪の手先のモンスター、しかも小ボスにもなれない雑魚キャラであることの自覚が全くありません。

しかもくさった死体、ぞろぞろと現れては多彩な攻撃を仕掛けてくることうざったい限り。しかも倒したところでゴールドも経験値も大して稼げない。
邪魔なだけ(笑)。それが野党とマスコミです。
ゾンビの仲間だから念仏を唱えてあげても成仏できない。ニフラムの呪文で光のかなたに消し去ってやるくらいが最大限の優しさ、てなもんです。

そしてくさった死体は彼らだけかというと、どうもそうではなかったようです。最近雑魚キャラ仲間になったのが、ショウチョウ地方に出没する「役人」、オオサカチケン地方に棲息している「特捜部長」。

人間界の普通の人々から見れば、彼らは頼りになる味方だと思ってしまいがちですが、事実は異なっていました。
それが公に知れたのが、江田議員のツイート。女性特捜部長のリーク暴露事件です。
これこそが、民主主義への重大な挑戦です。文書改ざんや日報紛失などの比ではありません。

私は何度か申し上げておりますが、選挙によって選ばれた議員こそが国民の唯一の代表であると。
そして、その地位は、優秀であるとかそうでないとか、若いとか年寄りだとかに関係なく、ゆるぎないものです。
残念ですがその意味では支持はしませんが野党議員だって国民の代表であります。

どんなに優秀だろうが、官僚や公務員、マスコミ、法曹界、これらの人々(人じゃないのもいるけど)は国民の代表ではありません。

その彼らが密かに結託して、正当に選ばれた議員をあれやこれやとフェイクニュースや印象操作で陥れようとしていることが、江田氏のツイートで明確になったのです。

安倍政権や自民党が悪で、それらを正そうと頑張っているのがコイツらだと、大いなる勘違いをされている国民も少なくはないようですね。全く逆です。
「くさった死体」軍団が、国民の代表、ついては国民そのものに対して報道テロを仕掛けてきているのです。

本来全く無関係な事柄なのに、小出しや切り取りという作業を加えて、さも政権に問題あり、と見せかけることが残念ながら出来てしまうのですね。彼らが結託すると。

国会議員でありながらダークサイドに落ちてしまった野党のくさった死体たちは、次の選挙で出来る限り退治することは可能です。
しかし問題はマスコミと役人たち。彼らは簡単には退治することが出来ない。何といってもマスコミが強力です。

やはり、放送法の改正でしょうか。真実のみを語るマスコミが育ち、反日マスコミを解体に追い込まなければ、です。

国民は、内閣支持率の上がり下がりをみて溜飲を下げている場合ではありません。ヤツらくさった死体軍団の恐ろしさを知らねばなりません。
国民の代表を陥れることが出来るということは、すなわち国民だってもっと容易に陥れることが出来るのです。

そんなことはさすがにやらないだろう、などと考えているとすれば、大甘ですね。


[3480]   京都の不思議  −H30.4.10 (火)−


治湿布・さらし・コルセットの完全防備に戻りました。
長時間の車の運転って腰に悪いのですね。
初めて知りました。

さて、本日はまったくどうでもいい話をば一つ。
私、以前から何故京都大学は反権力指向が強いのか?と不思議でした。

初めて大人になってから京都へ行った際に京都大学の門?寮の門?に凄いサヨクの手書き看板がずらーっと並べられていて違和感がありました。

そして先日読んだ「慟哭の海峡」でもやなせたかしの弟さんの千尋さんの時代もやはり反権力が強いことが書いてありました。

これは何故なのだろうか???と。
京都といえば天皇陛下がお住まいになられていた土地であり、となると公家も沢山。
「公家」といえば権威の象徴みたいなものです。

その京都が何故反権力なのかと考えてみて、私なりの推論を出しました。

まず、京都という土地は歴史のある土地。
日本でも一、二を誇る街でしょう。
あの極悪非道な大東亜戦争の米軍ですら、東京は焦土と化すほどにしたのに、京都への空襲は少なかった程です。

歴史的価値がある街だから。
というのが空襲を避けた理由だとか、そうではないだとか真偽は不明ですが。

まあ米軍の思考はどうでも良いとして、京都の人達の感覚はどの様なものだったか?
それこそ太平記の木曽義仲の時代から京都は外から来た者に蹂躙されていた。

それは「権威」ではどうにもならない「権力」というものへの敵対心なのではないかと。
そしてそれと共に、自分達を支配している「権力」というものを憎むあまり、反権力がスタンダードになってしまったのではないかと。

戦後で言えば「自民党」ですかね。
何せ共産党の候補者が小選挙区で当選する街ですから。

そしてこの反権力の思考にはもう一つの理由があり、それが反権力をアピールする事で、次の権力者へ取り入ろうとする意思があるのではないかと。

例えていうならば、戦争時、京都としては「親米反日」という思想であるとアピールする事で、米軍が「って事は、空襲するの控えておく?」となってくれると良いなあ。
という擦り寄りが根底にあるのではないかと。

まあ、ただ単純に「権威はあっても権力がない」という事に対する不平不満だけかも知れませんが。

という事で、いつの日か京都が何故「反権力・反日思考」なのか?を解明したいと思います。
日本の象徴の様な街なのに何故か今で言う反日。
これは何故なのか?を。

でもその京都が共産主義を応援するのは不思議ですよね。
共産革命でも起こった日には、権威自体が無くなっちゃいますからね。
「敵の敵は味方」という感覚なのかな???

という、どうでもいい話でした。m(__;)m


[3479]   90%→60%  −H30.4.9 (月)−


ほぼ治っていた腰。
本日、少し物を運んだりしていたら「腰痛レベル」で戻って来ました。
「ぎっくり腰」というのは凄いですね。
今までの腰痛レベルと同じに見ていたら痛い目に遭いましたから。。。

まあ、今週は回復に努めます。
こんな状態では仕事にならないですからね。
本当、申し訳ない。。。

明日には今朝の状態にまで戻して来ます。はい。
そうすれば3日もあれば90%まで戻る筈ですから。

それにしても本当、、、

腰って大事ですね。。。

人体の中心ですからね。
これが動かないと何にも出来やしない。。

皆様もお気を付け下さい。
って、私に言われたくないか。
うははは^^;


[3478]   女性の敵だよね  −H30.4.6 (金)−


会津藩に「什の掟」というものがありました。
藤原雅彦先生の「国家の品格」でも取り上げられていたのでご存知の方も多いかも知れません。

その什の掟の最後はこんな言葉で締められています。

「ならぬものは ならぬものです」

さて、こんな事を書くとただでさえ少ない、引き気味でも接してくれる女性の方々に、怒られ、嫌われ、叱られ、憎まれるやも知れませんが、、、

今回の土俵に女性が上がった話かマスコミが騒ぎ立てている、
「女性は土俵に登っちゃダメだってよ。これってヒドクな〜い?男女差別だよね〜!女性蔑視じゃん!^^」
「もうこうなったら女性が土俵に登っても良い事にしない?伝統とか意味わからないし、日本の大事なものとか叩き潰したいし〜♪^^」
「女性も登っちゃえ!登っちゃえ!^^」
という論調。

これについてですが、
「土俵に女性は登ってはならない」というものは大事にすべきではないかと。
これこそ「ならぬものはならぬものです」ではないかと思います。

土俵とは何か?
力士が相撲をとるところです。
まわしだけを付けて、大の大人の男が押し合いへし合い取っ組み合う。

こんなものは理屈ではありません。
何が良くて何が悪い。
なんて決めるものでは無い。
その力士達の神聖な場所。
そこが土俵。
そして古くから「女性は登ってはならない」と言われている。

いや、例えば公園にある土俵ならば別ですよ。
私も子供の頃は姉や妹と「あけぼの公園」の土俵で遊び回ってましたから。

理屈から言えば、ましてや誰もが納得する理論から言えば、
「女性が土俵に上がっちゃダメなんてナンセンスよ!」
「何なの?女性は穢れているとでも本気で思っているの?」
「それで市長が取り返しのつかない事態になっていたらどうしたの!」
と、憤るのもよく分かる。

ましてやジェンダーフリーで、女尊男卑で、伝統あるもの、ケチを付けられるものには狂った様に騒ぎ立てるマスコミが幅を利かせる世の中ですから。

でも理屈じゃないのですよ。
男性が命のやり取りをする神聖な場であるのです。
神様の前でやる神事。
それが相撲です。

はい。
納得いかないのも、憤懣やる方ないのも分かっております。
ですが相撲の土俵というものは「そういうものだ」と思って頂けないものでしょうかね・・・。

これを言うと、もっと嫌われ、もっと愛想を尽かされるとは思いますが、、、
私は今回「女性は土俵を降りてください」とアナウンスされた行司は立派だと思います。

伝統を守ろうとした訳です。
恐らくもしその場にその女性しかいなかったのであれば、言わなかったでしょう。

相撲協会は最近の「貴乃花親方モンスターペアレンツ騒動」で腰が引けているのか、はたまた自分達でもどうでも良いと思っているのか不明ですが、「ごめんね」と謝罪していました 。

でも理屈じゃないのですよ。
世の中、何でも理屈通りにはいかないのですよ。
それが相撲であり、土俵であり、伝統なのです。

まあ、、、、
女性は何故か「女性はダメ」と言われると、ムッとしてしまいますが、土俵の上くらいは女性禁止を守って良いのではないかと。

大体あれですよ、
先日、日帰り温泉に行ましたが、男性が素っ裸で×××をぶらぶらさせている脱衣室で、女性のスタッフの方がタオルを片付けたり、掃除をされたりしていました からね。

また、高速のPAなどでトイレに入ると女性の清掃員さんが掃除されています。
用を足している横で。

女性が入れるけれども男性が入れない所の方がずーーーーっと多いんですよ。
電車だって女性専用車両はあっても、男性専用車両はないですしね。

大体、男性が女性の脱衣室やトイレに入ったら袋叩きですよ。
(先日の電車のアレはわざとなので何とも言えませんが。)
本当に男女平等だの、ジェンダーフリーだのと言うのであれば、そこら辺も考えてみなくてはならないのではないかと。

理屈で考えたら男性も入っちゃって良い事になりますからね。
でも嫌でしょ?

という事で、何の聖域も持たない、持てないのが男性なのです。
せめて土俵の上だけは「女性禁止」と言っても良いのではないかと。

今では「女性は穢れている。だから神聖な土俵の上には登ってはならぬ」なんて理由で禁止している訳では無いのですから。

女性は土俵に登ってはならぬ
ならぬものはならぬものです

で、お願いします。m(__;)m


[3477]   ベガスへ  −H30.4.5 (木)−


何やら日本のカジノの入場料が6,000円に決まったとか。
もちろんギャンブル依存症対策で「6,000円も出してカジノに来る金は依存症患者にはないだろう(笑)」と想定したのでしょう。

そして恐らく・・・
「これでカジノにパチンコの客が流れる事はないな」
「パチンコ依存症患者はそのまま患者でいて貰い、カジノはカジノで日本人客を締め出して近隣の敵対国から人を入れれば良いな」
「爆買いついでに爆負けしてくれれば・・・ウヒヒ」
という事なのでしょうね。

どこの世界にカジノの入場料を取るところがあるんだ???
と思って調べてみたら
シンガポールが約8,000円。
韓国:2,000円※ただし韓国人の入場は禁止。
があるそうです。

どうもアメリカのラスベガスのイメージが強いので、何だか入場料をとる感覚は変な気がしますね。
ましてや自国民は禁止となると不可解過ぎ。

まあ、そうは言うものの大切なのは「日本にカジノを作る」という事です。
一度作ってしまえば、入場料なんていくらでも下げられますから。
見て下さい。
公営ギャンブルなんて大体「入場料100円〜200円」ですからね。

ましてやパチンコ屋なんて入場料が無料ですから。
麻雀荘だって場代を取るというのに。

既存のギャンブル依存症患者には引続きパチンコへ行ってもらい、新規の依存症患者にはカジノを作る事で生み出していこう。
そんな深謀遠慮が開けっ広げにされているのでしょう。

しかも日にちで入場規制があるなんて。(笑)
ここら辺も後からいくらでも変更するでしょうね。(笑)

本当不思議ですよね。
パチンコ依存症という、ギャンブル依存症患者が山盛りにいるのにそれは華麗にスルー。

まあ、「依存症!依存症!うっひゃっほーい!!」、「反対!反対!なんでも反対!!」、「安倍憎い!憲法改正反対!!」という人達ほど、「パチンコマネー」と縁が深そうですからね・・・。

しかし日本にもカジノが出来るとは夢のある話ですねぇ。
何せラスベガスなんて、今ではギャンブル収入よりも、ずっとショーなどの観戦やイベント、ショッピングで稼いでいます。
日本もそれを是非とも目指して貰いたいですね。

カジノの本来の目的は「金を稼ぐ」という事ですから。
カジノ側も、もちろん客側も。

それにしても、どこに出来るのですかね〜???
新潟にも作ってくれないですかね。
何やら公営ギャンブル同様に「(とりあえずは)全国で3か所まで作ってOK」という事らしいので、東京・関西は決まりとして、他はどこだろう???

沖縄も良さそうだなあ。
リゾート+カジノで。
新潟なら佐渡に・・・作ると、何か闇の帝国が出来そうでダメか。

まあ、今朝のテレビで「入場料6,000円ですが行きますか?」と主婦や学生に聞いていましたが、そんな意図的な市場調査にも関わらず半分近くが「行く」と答えていました。

日本人も本当沢山のアメリカの映画やドラマでラスベガスを題材にしたものに触れていますからね。
そりゃあ一度は行ってみたいさ!!
と、私は思う次第です。

大人の夢の国ですよ。
ウヒヒヒ

ちなみに私はカジノが出来たら行きます。
でも、ギャンブルには興味が無いので、内装や雰囲気を味わいに行くという感じですけど。

そう言えばそのカジノにはホテルは出来ますかね?
出来たらさぞや華やかだろうなあ。^^

【おまけ】
政治家がこんなにカジノを恐れるのは、パチンコマネー以外の理由で何があるのでしょうかね?
「西洋人はギャンブル依存症にはならないが、愚かな東洋人は依存症になる筈だ!」
と決めつけている様な気がしないでもないです。

反対する人、心配する人というのは、相当過保護な人か、または相当ギャンブル依存症になる気質を持っていて恐れているのでしょうね。
そういう人は行かなきゃ良いだけなのに。^^;


[3476]   人生の師  −H30.4.4 (水)−


先日、土佐久礼に住むお世話になっており、尊敬する方より、突然↓が送られて来ました。



高知でとまと農家をされている「ファーム輝」さんのフルーツトマト
お送り頂くのが今回で二度目です。

このトマトがまあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜美味しい!!!
いや、本当に甘い。
まさにフルーツトマトという感じ。

しかも種類がすごく沢山あって、品種のリストも一緒に送られてくるのですが、どれがどれやら???
でも滅茶苦茶美味しい。
トマトがあまり好きではない息子も貪る様に食べる程。

で、本題がここから。

届いた日にまずはお礼のお電話をしました。
その時は奥様しかいらっしゃらず口頭とでお礼。
そしてお礼にとコシヒカリ5kgを送らせて頂きました。

すると翌日にこんなメッセージが・・・



最初このメッセージを受け取った時に一瞬頭が「???」となりました。
「度に返しがあると送れんぞ〜」が。

で、その後分かりました。
私は送って頂いたお礼でお米を送ったのですが、そういうものではないのですよね。
お返しなんてこれっぽっちも期待しない、ただただ「美味しいトマトを食べさせてやろう」という思い。

それに対して私がお礼を送ると、これから気軽に何かを送れなくなってしまう。
という事。

それが分かりとても感動しました。

世の中はギブ&テイクだったり、何かを貰ったらお返しをして当たり前だったりします。
まあ私が良い社名だなと思った「テイク&ギブニーズ」という会社があるのですが、これも「まずは与えるが後から貰うよ」というものる

でもこの気持ちなんでしょうね。
大事なのは。
「何かしたら何かが返ってくる」という事では無く、ただただ相手を思いやるやさしさ。

そして、
「すみませんでした!次回からは甘えさせて頂きます!><;」
というメッセージを返信しました。

私も「お礼で送る」というのではなく、「新米が出たから送る」、「美味しいので是非食べて貰いたいので送る」という、礼儀うんぬんてはなく、素直な気持ちで送る様にしようと思います。

本当、どうも仕事ばかりでビジネス感覚が強くなったのか、世の中に甘えているのか、「ギブ&テイク」が当たり前だと思ってしまっていましたから。。。
反省です。

しかし本当、凄い、素晴らしい、有難い、人生の師です。


[3475]   額に汗を  −H30.4.3 (火)−


さて、激痛で唸っていた時に読んだ本がコチラ。



内容はアンパンマンの「やなせたかし」さん。
弟の千尋(ちひろ)さん。
そしてBS観光創業者の中嶋さんの大東亜戦争の話です。

この「慟哭の海峡」というのがフィリピンと台湾の間にあるバシー海峡。
そこでアメリカの潜水艦に撃沈されて漂流して何とか生き残った中嶋さん。
戦死した千尋さん。
そして千尋さんを思ってか「アンパンマン」を捜索されたやなせたかしさんの物語です。

最初が中嶋さんの漂流の話なのですが、もう本当・・・
読んでいて想像するだけで苦しくなる。
激痛が走りながら読んでいましたが、「たかがこんなぎっくり腰ごときで弱っていちゃダメだな」と心の底から思いました。

まあ、それでも動く度に「ぐぉぉぉお」と脂汗を流していましたけど。
うははは。^^;

まあ〜詳細は書けませんが、凄く読む価値があります。
当時の日本人がどの様な暮らしをしており、どの様な思いで戦争に行ったのか。
そしてその人達が戦後の日本でどんな思いで、何をしたのか。

本当、あっという間に読み終えました。
是非皆さんに読んで頂きたい。
どれだけ真剣に「生きる」という事に向き合っていたのかを。

そしてそんな本を読む前に「バーテンダー」の話を読みました。
まあ漫画なのですが、最初はただのお酒の紹介本だと思っていたらまったく違う。

凄く良い言葉や話がビシバシビシバシ。

「悲しいことに人は、他人の信頼を裏切る安易な道を取り、勇気を失い、疲れ、間違いを犯す。人は自分でも信じられないほど哀れで愚かなのかもしれない」

「失敗しないものはいない。もしいたら本気で仕事を覚える気のない者だ」

「人っていつも自分だけが頑張っているって思っちゃうよな」

「先生とは、生徒が望まなくても物事を教えてくれる人。師とは君が望んで教えを請う相手。君にやる気がなければ、私に教えられることは何もありませんよ」

「誰かに物を教えるためには、自分が本当に理解出来ていなければ無理。君という弟子が出来た事で、私は自分自身をもう一度見直せた」

「雨で2日間来客無し。3日目にやっと扉を開けてくれたお客様に、満席で忙しかった、という自信満々な顔をするのがバーテンダーの意地」

「最初は誰でも自身がなくて不安ですよね。でも料理もカクテルも、自身なさげに出されたらお客様が迷惑」

「1個売って10円20円しか儲からないトマトを売るより、店なんか潰して貸せば働かなくても金が入る。いつからだろうね、額に汗するという言葉を日本人が笑うようになったのは」

「無駄は省け、でも無駄を省くのと手を抜くのは紙一重。だったらとにかくやる」


凄いですよね。
お酒の作り方の軽い話だと思って読み進めていたら、こんな言葉がビシバシと出て来る。

もうそりゃう腰の痛みなんて吹っ飛び・・・はしませんでしたが、痛み何ぞに負けちゃならんな!!と思いましたね。
いや、本当バーテンダー恐るべしですよ。

それにしても本当いつからなのでしょうかね?

額に汗して働く

というのが笑われる、蔑まれる様な日本になったのは。

うちの社員を見て下さいよ。
嫌な事、悔しい事、苦しい事、辛い事、切ない事、腹立たしい事があっても、本当一所懸命に働いてくれています。
感謝感謝です。

私も負けじと額に汗をして、脳に汗をかいて働いて行きます。
頑張ります。


[3474]   包丁一本  −H30.4.2 (月)−


金・土・日は苦しみました。
ハッキリ言いまして今まで「ぎっくり腰」と言っていたのは、きっ゛くり腰では無かったですね。
ただの「腰痛」でした。

今回のは凄かったですよ。
何せ1cmも動けない。
寝ていて寝返りどころか、足の指すら動かせない程。
トイレに行くために動くと激痛がどの状態でも襲い掛かって来る。

そしてトイレ恐怖症になり、この体の水分の7割はビールで出来ている私が、3日間一切飲みませんでしたから。
まあ横になった状態で首だけ動かして飲み物を摂取していたので、缶ビールは当然無理ではありましたが。

私が仕事から帰り見ていた景色はすべてこれです。



朝になったらこれ。



もう本当、真面目に、本気で、入院をしようかと思いましたからね。
トイレに行くためにまずは3分くらい掛けて四つん這いになる。
ベッドから降りるためにまた3分掛ける。
そしてハイハイの状態で廊下へ。

廊下へ出たら手すりに手を伸ばし、立ち上がるまで3分。
そこから2mほど先のトイレへ捕まりながら休み休み進み、トイレ内でもどこかに手をついてやっと用を足すという・・・。

またベッドに戻って寝るまでがキツイです。
どの体勢でも激痛が走りますから。
正直、昨晩の時点では本日午前中にアポが入っていましたが、「これは無理かも」と思いましたからね。

ただ、不思議なもので「仕事」となると痛みに耐えられる。
歩く速度は幼児以下でしたが、運転をして事務所へ来られる。
階段も何とか登れる。

で、でもキツイので社員に運転して貰いお客様の元へ。
もちろん杖を二本使いながらです。

そしてお客様の所へ行ったら・・・
お客様に「ぎっくり腰の直し方」というか、「ぎっくり腰対処法」を教わり、その上その処置をして頂きました。><;

まずはシップを張る。
そしてさらしをキツク巻く。
最後にコルセットで締めあげる。
これをすべてお客様の所でやって頂いてしまいました。

その結果・・・
凄いですよ。
変な体勢を取ると少し痛みはあるものの、普通に歩ける様になりました。

「さらし」恐るべし!!!
本当、包丁一本さらしに巻いてという気分でした。
うん。意味不明だ。

まあ、そのお客さまにさらしを巻いて貰っている私の姿を見て、社員曰く「あの姿で手に刀を持っていたら最高!持たせたい!!」との事でした。

まあ、私が待居て貰っている時に手をついていたのが、和室の障子でしたからね。
気分は高倉健ですよ。
イメージですけど。

そんなこんなで現在はもう仕込み杖も持たずに歩き、立ち上がっても痛みのない状態です。
本当のぎっくり腰の恐ろしさを知り、
本当のぎっくり腰の対処法を知った今回でした。

ただまあ1〜2日目はさらしを巻こうが、コルセットを付けようが無理だったでしょうけどね。
本当、凄い衝撃でしたから。
拷問を受けている気分でしたからね。

という事で、恐らく明日の朝にはほぼほぼ治っている事でしょう。
明後日にもなれば完全復活。
これで重い荷物であろうが、長距離ドライブであろうが余裕になります。

いや、本当今週も来週も色々と運ばなくてはならないものがありましたからね・・・。
どうしようかしら?と思いましたよ。ええ。

ただ、今回の療養中に読んだ本や出来事が凄く学べる、良い事だったので、ぎっくり腰になった事に感謝です。
そこら辺については明日にでも書きます。
本当、素晴らしい人や立派な人、本ばかりで世の中に感謝感謝です。^^
 

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com