繁盛日記


メニュー

2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[第1693]    12度で強風と雨 
  −H22.4.30 (金)−


いやあ〜・・・
寒かった・・・寒かった・・・・・寒かった・・・・・・・。

天井はあるもののそんなものおかまいなしに降り注ぐ雨・・・。
凄い強風・・・
午前中はガマン大会の様でした。





さながら難民キャンプの如く・・・。






午後から始めれば良かったですね。
いや、本当に。^^;
夕方頃になるとポカポカと暖かくなりましたから。

あれですよ。
バーベキューは気温15度以下の時はやってはならない。
そんな事を心に誓った昨日でした。

ただし・・・
これではまるで楽しくなかった様に思われるかも知れませんが、かなり楽しかったです。
総勢16名でしたからね。^^

日本酒を瓶からグイッと飲んだり、どれが自分のビールか分からなくなったので適当に置いてあるビールを飲んだり、半生のソーセージを食べたり、お約束通り午後1時40分には眠くなり車に戻り二時間ほどこっそりと寝たり。

いや、寒くてとてもテントじゃ寝れんとですよ。
しかも下はただの土ですし。
ちなみに車から戻ってきても誰も気付いていませんでした。

まあ、そんな極寒の中でのバーベキューだったからなのか、車で寝ている時にガンガンと暖房を効かせていたからなのか、お蔭様で私の体は絶不調です。
体の節々に違和感があり、だるい。
頭は朦朧。
ぐったりです。

果たしてこんな状態で明日の晩出発で「九州」へ行けるのでしょうか?
まあ、本日ぐっすりと寝れば治ると思いますけどね。
それに仕事と同様にだるかろうが、痛かろうがやる事は同じですし。^^

という事で、大変長らくお待たせいたしました。
7万記念の賞品である「豪華お土産セット」を九州で購入してきますので、今しばらくお待ち下さいね○○さん。^^

※繁盛屋は明日ももちろん営業しております。




肉をかぶりつく者達。

ちなみにこの写真の頃、私は熟睡中です。





[第1692]     プロレス技券 
  −H22.4.28 (水)−


明日からGWです。
繁盛屋の気になるお休みは・・・

4月29日(木)〜5月9日(月)までの

怒濤の11連休!!!!

なんて訳はありません。
そんなに休みをとった日にはその後はGWが明ける事はなくなってしまいそうですから・・・。
4月29日〜永遠

という事で、、まったくもってして暦通りのGWとなります。
30日も1日も6日も7日も仕事をしておりますので、何か御座いましたらお気軽にご連絡下さい。^^

さて、明日は繁盛屋は社員・その家族・友人・知人を集めての大バーベキュー大会です。
想定される最高人数は17人。
それがビッグスワンの横のスポーツ公園とやらでコンロを三つ囲み、肉を食べ、酒を飲み、歌い、踊り、そして最後は浪曲で締める。

もし参加したい、参加できるぞ!という方は10時以降に現地へいらっしゃって下さい。
きっとその場で大騒ぎしつつ呑んだくれているのは私達だけでしょうから、一目で「あれが繁盛屋の一団か・・・」と分かることでしょう。
気軽にお声掛け下さい。

ちなみに恐らく二時過ぎにはテントで寝ている男がいると思いますが、繁盛屋の社長を見たい方は是非ともそのテントを覗いて下さい。
赤い顔をして、口の周りに焼肉のタレをつけて大イビキをかいているのが私です。

また、気になる天気なのですが、明日の午前中の降水確率は90%です。
間違いなく雨が降ります。
しかしご安心下さい。

そのためにホームグランドである阿賀野川の河川敷のバーベキュースペースから、今回は屋根があるスポーツ公園になったのです。
雨が降っても平気の平左で肉を食せます。

そして何やらビッグスワンの中にも入れるそうです。
そこでサッカーボールで遊ぶも良し、野球を始めるも良し、ボクシングを始めるも良しです。
小さな子供のいる家庭にはたまらないですね。

という事で是非皆様奮ってご参加下さい。

言っておきますが・・・
繁盛屋の飲み会は楽しいですよ〜。
いや、本当に。^^

【追伸】
真面目にお暇な方、またはその近くを通り掛った方はご参加下さいね。^^

「そうは言うけど、アポなしで行くのはちょっと・・・」
「何か手土産とか持ってかなきゃならないし・・・」
「知らない人ばかりだと気疲れするし・・・」
「ってか、人見知りだし・・・」

と思われるかも知れませんが、あれですよ。
その場で声を掛けた瞬間、あなたはもう小学校の転校生初日状態でモテモテです。
持て囃されます。

普段は引っ込み思案で目立たない僕だけど・・・、私だけど・・・
今日はスターさ!スターね!!

言っておきますが、繁盛屋の人が来た際の喜び様と来たらもう・・・
狂喜乱舞しますよ。
いや、本当に。

なので、安心して、と言うよりも「来てやったぞ!ふふん」くらいのつもりで来て下さい。
真面目にアポなんて要りませんからね。

そしてそして・・・
先着10名様までに、その場にいる子供にプロレス技を掛けられる券(投げ技禁止)を差し上げます。
貴重な体験を是非どうぞ。


[第1691]     呑邪鬼の肝 
  −H22.4.27 (火)−


あんなに満開だったのに・・・





これで・・・











これですからね。





春をこよなく愛し、そして花を愛でる心が9割を占めるのではないか?と常日頃から噂されている私としては寂しい限りです。
ええ。
来年こそは夜桜を見たいです。

という事で、本日は柏崎・上越でした。

何だか本日はちょっと疲れましたね。
いや、特に何があったという訳ではまったくないのですが。^^;

という事で、本日はさらっと。

最近不思議と変な夢を見ます。
必ずと言って良いほど昔の友人が出てくる。
小学生や中学生、高校時代の今では何をしているのかすらさっぱり分からないですし、知りたいとも特に思わないけれども、その当時はとても仲の良かった友人が。

これ何ですかね?

そして本日はそこに加えて、何やら私がヤクザにちょっかい出したらしく地元の組長から「本部がヒットマンを送っておったからな!」と、床屋のイスに座っている私に向かい腰を引きつつ言われました。

そのヒットマン発言を聞いた時に「ふふ。面白そうだ。どうせ大したこと無いだろうw」なんて思いました。
夢の中だからこそなのでしょうが、自分の肝の太さに「天地を喰らう」の劉備のごとく
呑邪鬼の肝を食べたのかと思いましたよ。ええ。

まあ、この懐かしの友人シリーズがいつまで続くか分かりませんが、本日はどんな友人が出て来て、どんなストーリーになるのかちょっと楽しみです。
※大抵、ベースが暗い話。

【おまけ】
ふと思い出したのですが、そう言えば昔、それまではおしゃべりだったり、イタズラ好きであったり、愉快な友達が、急に何と言うか「物静かな人物」になったりしましたね。
あれ何でしょうかね?

今でも不思議です。

愉快でイタズラ好きでおしゃべりなままでいた方が楽しそうですけど。
本人も周りも。
まあ、きっと寝ている間にでも突如として大人の階段を上ったのでしょう。

そう考えると・・・
そろそろ私も大人の階段を上らないとイカンですね。
夢見る少女じゃいられませんから。
男ですけど。


[第1690]     ア バ 
  −H22.4.26 (月)−


一週間があっという間です。
4月に入ってからと言うもの、今までの一週間の半分くらいのスピードで過ぎている気がします。

お蔭様で・・・

DVDの返却日がとっくに過ぎていましたorz

もう〜有り得ない日数ですよ。ええ。
また延滞料金と来たら・・・
一瞬、真面目に「このまま一生返さないでおくか・・・」と悩んだ程です。

しかし何だか無性に悔しいものですね。
延滞料金を払うというのは。

カラオケの延長料金なら気にならないのですが、DVDの延滞料金は交通違反の反則金並みに悔しい。

いや、たかが延滞料金でしょ?と思われるかも知れませんね。
ただ今回支払った金額を聞いたら、きっと相当なお金持ちではない限り私と同様にショックを受ける筈ですよ。

何せ支払った額が・・・

6600円

良いですか?
もう見たDVDです。
返し忘れていた、と言うよりも返却日を間違えていた。

たった3日ですよ!!!

1本が1日200円。
それが11本。
それが3日間。
ちなみに借りる際の料金は一週間で1本100円。
1100円です。

ぅぅううう;;

大体、金曜日に返すのが月曜日になったくらいで、下手したら今の日本の1日の労働の対価と同じ額が取られるとは如何なものか!?

しかも24やら、プリズンブレイクシーズンTとUくらいの面白さを与えてくれたものであればまだ「いや、これは一本770円の価値はある物語だった」と自分自身への慰めにもなるのですが、見たのが魔女三姉妹のずっこけコメディの「チャームド」ですからね・・・。

もーやんなっちゃう。><

という事でアバターですよ。
これは社員から借りてみました。

面白いですねぇ!

映画もドラマも面白いかどうかは最初の5分で分かると言いますが、始まって2〜3分で引き込まれました。

ここからはネタバレをしますので、これから見ようと楽しみにしている方は飛ばしてください。
最後の水野晴郎の「如何でしたか?」まで。

まず最初に主人公の男の足が悪いところにびっくりしました。
そして続いて、何故こんなに文明が進化している時代なのに車椅子だけは今と変わらないのか?という点に。

そしてアバターになる。付ける。入る。
私はてっきりあの青いトカゲみたいなものと、人類の戦い、そしてその中で芽生える友情。という様な話だと思っていたのですが全然違う。

まさか青いやつになるとは思いませんでした。
エヴァンゲリオン?
ライディーン?
と思いましたね。ええ。

そしてもう一つ心が振るわされたのが大佐たちが乗っていたロボット。
あれ格好良いですねぇ!!
これまた
ライディーン?
ボトムズ?
と思いましたね。ええ。

ストーリーも単純で面白かったです。
インディアンvs騎兵隊風そのままで。

そして結局はまあストックホルム症候群に掛かり、人類を裏切って青い奴になるという辺りがきっと現場にいたら許せないでしょうが、主人公の男目線で見るとしごく真っ当な辺りも良かったです。
あれじゃあ中国で上映禁止になるのも分かる気がします。

しかしアバターは映画でやるにはちょっと勿体無い話でしたね。
ストーリーや人物をもっともっと掘り下げて行ける作り。
特に大佐とパットが上手な社員が良い味を出していました。

まあ、何やら3Dテレビのために作られたという話なので、きっとしばらくしたらターミネーターの様にTVドラマになるのではないかと思います。
そして3Dテレビを普及させようという企みなのでしょう。

まあ、本当に3Dテレビを普及させたいのならば、もっとカンタンな方法はあるのですが・・・。

とにかくまあアバター面白かったです。
宇宙、別の超人で的な肉体、ロボットと男心を刺激するもの満載でした。

いや〜本当に映画って良いものですね。
それではサヨナラ。サヨナラ。


[第1689]     昭和31年 
  −H22.4.23 (金)−


本日、社員から貰った五円玉。
汚れ具合が何となく気になり見てみました。
製造年月日が昭和26年・・・

という事で写真を撮り、今日の日記のネタにすることにしました。

それがコチラ



雰囲気が良いですよねぇ。
特に「國」の辺りが。

これが製造された頃は敗戦後10年弱、未だにGHQが日本を支配していた頃です。



その当時の日本人はどんな思いで日々の生活を送り、そしてこの5円玉を手にしていたのでしょうかね。
私の記憶が確かならば、私がまだ子供の頃は駄菓子屋さんに行けば5円玉一枚で何か買えた様な気がします。

そしてこの5円玉の裏。




よーくこの五円玉を見て下さい。

今の5円玉と違うところがあります。
「五円」の文字とは別な部分で。




さて、それでは現在の5円玉の裏。





分かりました?^^






正解は「稲穂の造形」です。
今の五円玉は細部に渡り描かれていますが、昔の五円玉はけっこう大雑把な造りになっています。

ちなみに社員にこの問題を出したところ分かっていました。
もしかしたら日本人として常識なのかも知れません・・・。

それでは最後にこのネタを書こうと思った時から決めていたセリフで〆させて頂きます。





これからも皆様とご縁がありますように♪






・・・
・・・・・
・・・・・・
つまらなかったですね・・・

ごえんなさいm(__;)m

うははははははははは


【おまけ】
私が子供の頃、兄弟で何故かギザギザ付きの10円ブームが起こり、ある時みんなの目が集まる場所に一枚の張り紙がしてありました。

「昭和31年発行のギザ10を5千円で買い取ります」

それを見て一躍狂喜乱舞した私は学校に行き友人に話をしました。
友人達もそれ以降、暫らくの間かなり必死になって探し回りました。

でも・・・
昭和31年の10円玉って・・・
製造されてないのですよね・・・

本当にふざけた張り紙でした。
困ったものです。

関係ありませんが、最近財布の中の10円玉が全部ギザ10だった時があります。
何だか嬉しくて使わずに取ってあります。


[第1688]   平清盛?愚か者?
  −H22.4.22 (木)−


今、新平家物語を読んでいます。
他の本に浮気などをしていたので、まだ三巻の途中ですが平清盛がどうも今の小沢幹事長と被ります。

まだ三巻程度なので大して剛腕は振るってはいませんが、前回読んだ記憶では源氏を追討したこの辺りから平清盛時代を築いていきました。
そして役職が何であれ、すべて自分の良いと思った事をやって行く。

それが日本の政権与党である民主党の小沢幹事長と似ている。
ただ、平清盛は「日本を良くしよう」、「もっとスムーズに良い政治が行われる様にしよう」と思って改革を進めて行きますが、果たして小沢幹事長は・・・となると分かりませんが。

しかし、もしかしたら今の日本を根底から覆すためにはこういった「悪役」が必要なのかも知れません。

ちなみに私は小沢幹事長大嫌いです。

今の「ルーピー鳩山っち」の普天間基地移転問題についても、一切の助言やまとめをしようとしないのは、日本の最大・最強の同盟国であるアメリカとの関係をわざと悪くしている様に見える。

ルーピーを上手に使い、日本をアメリカの関係をギクシャクさせ、そして田中角栄元首相が国交を回復させた「大好きな中国」に頼らざるを得なくさせる。
そんな腹でいるのではないか。

何せ中国に国会議員を始めとして何百人も引き連れて朝貢する位です。
現在のアメリカの仮想敵国は間違いなく中国。
中国の最大の仮想敵国はアメリカ。

その中国に擦り寄りたいのならば、戦後の日本の主導権を握ったアメリカを駆逐させるのが一番ですから。
いつまでも日本がアメリカべったりでは困るわけです。

どうも今回の普天間基地問題はそんな意図が見える。
恐らく、もし万が一私が前回書いた様に「徳之島に是非とも基地を!」という様な事になったとしても、他の火種を見つけて日本とアメリカの中を裂こうとする気がします。

まあ、私はアメリカドラマは好きですし、アメリカという国もけっこう好きではありますが、特にアメリカべったりであるべきだとは思いません。
核兵器だって、戦闘機だって、原子力空母だって日本国内で製造して欲しいですし、アメリカが単純に「日本人の誇りを無くしてやろう」と始めた、戦後政策には腹立ち以外は覚えませんし。

何だこの3S政策は!!
何だこのへなちょこ憲法は!!
何だこの甘ったれた日本社会は!!

それもすべてアメリカの知恵の足らない戦後政策に端を発していますから。
そしてそれをより有効に活用してきたのが、日教組であったり、法曹界です。
左翼の巣窟ですから。

話は戻りまして、しかしそれでもこれからの時代「アメリカ」と「中国」のどちら側に付くか?と考えたら断然アメリカです。
今のこれだけ下がった日本のレベルで、もし「中国側に!」なんてなったらそのうち戦車で踏み潰されそうですからね。

もっともっと民度は低くなりますから。

これはアメリカと中国の現在の政治体制、個人の考え方の幅の広さで見れば一目瞭然です。

いや、中国の中にも立派な人も、頭の良い人も、素晴らしい人もいるのは分かります。
中国に行ったことはありませんが、自称12億人もいればそりゃあいるでしょうよ。
そして人柄として良い人がいるというのも分かります。
大いなる田舎みたいな感じで。

しかし大多数が日本人の感覚とは違う。
商売に対しての感覚から、帰属意識から。
その国とべったりになるなんて不可能に近いです。

もしべったりになるならば、毎年の様に朝貢し、そしてご機嫌を伺い、中国の一地方軍閥の様になるしかない。

かなり前に「日本はアメリカの一州の様だ」と言われていた事がありました。
また日本人の中には「別にそれで良いんじゃない?」、「とりあえず生活が楽しければかまわないさ」なんて、蜀二代目皇帝の劉禅の様な事を言う者も多かったです。

しかし中国べったりになったら、とても劉禅ではいられない。
あの国に自由はないですからね。
思想の自由、行動の自由、何でも。

基本的に「すべて皇帝のもの」ですから。
今で言えば、「すべて中国共産党のもの」です。
土地も人も金も。

本当に、何故そんな国に小沢幹事長が擦り寄っているのかがよく分かりません。

経済的には今の日本は中国がなくては成り立たなくなっています。
食料に関しても。

ですが、そこまで媚びへつらう必要があるのかどうか???
しっかりと一線を引いて、上手に付き合って行けば良いと思いますけどねえ。
これではいつまで経っても「日本人としての誇り」は取り戻せないでしょう。

いや、「日本人としての誇りなんていらないんじゃない?だって僕らは地球市民だもの!」というのであれば、それはまあそれで「是非ともそのお花畑で遊んでいて下さい・・・」と目を逸らしつつ、腰を浮かしこっそりと距離を取りながら言うしかありませんが・・・。

本当に小沢幹事長の思考がさっぱり分からないですね。
大き過ぎて見えていないだけなのか
それとも
ただ単にアホなのか

平清盛の如く、それまでの政治制度を一から覆して新時代日本を作り出せるかどうか。

とりあえず、高速道路の実質値上げを選挙のためだけに中止にさせた辺りを見ると、ただのアホっぽいですけど・・・。^^;

私は日本には独裁者が必要だと思っていますが、その独裁者が愚かではなあ・・・。

まあ、あと3年半は指を咥えて見ているしかないですね。
この調子で行ったら参議院選挙でも、インチキマニフェストで勝ちそうですから。

今回の件で前原一派が民主党を離党し、桝添新党やたちあがれ日本や日本創新党などのミニ政党と合流して、大きな政党が出来ると良いのですがねぇ・・・。
もちろん自民党の歴史的役割は終わっているので、こちらもどんどん離党してそちらに合流する。
そして民主党の対抗勢力が出来る。

こうならないと小沢独裁は止らないでしょうから。

本当に、現在の民主党の政権奪取が「保元の乱」であり「平治の乱」へと続いて行ってくれるのであれば良いのですが・・・。

※保元の乱、平治の乱についてはウィキペディアで調べてみて下さい。
説明を書こうと思ったのですが、日記3日分くらいになりそうなので。^^;


[第1687]   リニューアルスタート
  −H22.4.21 (水)−


苦節一年半・・・
遂に「新どんと!」が出来ました。^^

新どんと!

と言ってもこれで「完成」ではありません。
まだまだ進化をし続けて行きます。
(実際に、デザインが甘いところが多々ありますし。^^;)

そして現在はまだ一件も動画はありませんが、これからは動画掲載物件をして行きますし、恐らく検索においても「もっとこんな風に!」というのが出てくるでしょうし、「もっとこんなページが必要だ!」と追加ページが出てくるでしょうし。

世界最高の不動産物件検索サイトを作る道程はまだまだ長いですね。

ちなみにこれはあまり大っぴらには言えませんが、自画自賛ではないと自分では思っているのですが・・・

現時点でも最高の不動産検索サイトですよ!!!

見て下さいよ。
あの写真の豊富さ!
間取図の見やすさ!
しかも掲載されている物件の99%は実際にある物件です。

他の検索サイトと比べてこの時点で比較にならんとです。
えへんえへん。

ちなみに・・・
物件掲載で言っても、はっきり言いまして純粋な物件数で言うと一番でしょう。

他の検索サイトは同じ物件(例えば同じアパートで空いてる部屋が同じ間取り、同じ賃料でもすべて掲載している)をいくつも載せていますからね。
また、先ほど書いた様に「現在ある物件」が99%です。
※100%と言いたいところですが、中には「先ほど契約が決まり連絡がまだ来ていない物件」というものがどうしてもありますから。

ですが・・・
当然どんと!にも弱点がある。
やはりこれは物件数。

目標は「新潟県内の空き物件・売り物件すべてを掲載する」ですから。
ワンストップで済む不動産検索サイトがあったら最高ですよね。
しかも写真が豊富で物件情報が丸分かりであれば。

という事で、今後のどんと!の進化をお楽しみに。^^

【おまけ】
実は今回のどんと!にはちょっとした企画があります。
企画と言うか、新展開ですね。
それはまだこれからの話になるのですが、相当面白くなりそうです。

興味はないでしょうが・・・
一応、お楽しみに。^^;


[第1686]   最高の人生
  −H22.4.20 (火)−


本日は私の誕生日。
ではないのですが、社員の誕生日でした。

そこでふと思いました。
「いくつの時が一番楽しく、幸せだっただろうか?」と。
そして
「今戻れるとしたらいくつの時に戻りたいだろうか?」と。

高校時代に戻り、少しだけ、ほんのちょっぴりだけ努力して東大に入る。
そしてエリート官僚になり、のんべんだらりと国士気分で生きる。
住まいは高層マンションの最上階。

小学生に戻り、ほんのわずかな努力をしプロレスラーになる。
そして三沢さん亡き後のノアのエースとして、小橋と共に活躍する。
住まいは都心の一戸建て。

または入社当時に戻り、鬼の如く営業し押しも押されぬスペシャル会社員となる。
住まいは全国各地に転勤族として暮らす。

と、色々と妄想を膨らませてみたのですが、よくよく考えてみると今が一番幸せです。
ましてや過去に戻り、もう一度「今のお客様との付き合いを一から作る」なんて考えるとぞっとしますから。

一所懸命に通い、そして話をして、少しずつ関係を作ってきた。
繁盛屋を始めた最初からいたお客様なんて一人もいません。
すべて飛込みで作ってきた。

そして今、凄く良い関係を築けている。

そりゃああれですよ・・・
剣もホロロに追い返され時もあります。
飛込みで入った直後に「うちは結構です^^;」と言われたことなんてうなるほどある。
ですが、そんな中で何とかお付き合いをさせて頂ける様になり、そして今に至る。

それを無にしてもう一度やり直すなんてとてもとても・・・。
ましてや勿体無い。
そして何より申し訳ない。ですから。

そう考えるといつでも「今が一番幸せだ」と思いますね。
色んな経験をしてきた。
色んな感謝をしてきた。
沢山の人と付き合えた。

真面目に今突如として過去に戻ったら泣きますね。

きっとタイムマシンが物理的にも、理論的にも不可能なのは、戻っても良い事は何一つないからなのでしょうね。
それが自然の摂理ってやつなのですね。
宇宙の意思ってやつですね。きっと。

という事で、今の幸せに感謝です。
しかも今が一番という事は、これからもっともっと幸せになる訳です。

本当に有難い限りですね。
いや真面目に、心の底からそう思います。
人生というのは素晴らしいものですね。


[第1685]   骨のある政党名を
  −H22.4.19 (月)−


本日の天気を見て思うのですが・・・

やっと春らしくなってきましたね。

まあまた数日したら底冷えする様な日になるかも知れませんが。

さて、参議院選挙に向けてミニ政党が沢山出てきましたね。
今回は日本創新党ですか。

大阪府知事の橋元さんが大阪維新の会とやらも立ち上げたみたいですし。
たちあがれ日本、みんなの党、自民党、社民党とミニ政党が盛り沢山ですね。

このミニ政党はどうなのでしょうかね?

以前、日本新党やら新生党やらと出来た際には「新の付く政党名で3年以上持った政党は無い」と言われていましたが、恐らく今回もそうなることでしょう。
しかし何でみんな、もう少し「政権を獲るぞ!」という党名にしないのか不思議です。

次の選挙のためだけに政党名を付けている感じがします。
そんな政党名では票が集まらない気がしますがどうなのでしょうかね?

どうせ付けるならば、よくドラマや本で出てくる「民主自由党」にするとかしてみたらどうですかね?
民主党はありますし、自由党もありましたし、そう考えるとネタ切れなのですかね?

アメリカ風に共和党なんてのも良さそうですけどね。
ただ、日本人の今までの感覚として「自由」という言葉と「民主」という言葉が入らないとダメなのだそうです。

ここら辺をもじって
「自由共和党」
「民主共和党」
などにするとか。

まだ新○○党やひらがな党や維新的な会よりは安心感、安定感がある気がします。

まあとりあえず反民主のミニ政党乱立で選挙をし、そして選挙後にはミニ政党が一本化して民主党への対向政党となって欲しいものです。

このままだと何だかんだ言われても民主党の独裁が始まりそうですからね。
今回も前回と同じマニフェストを掲げ、そしてそこにいくつか耳に優しい政策を付け加えるらしいです。
きっとまた騙されてしまうのでしょうね・・・。

しかし高速道路の実質値上げをしておいて、また子供手当ては半額しか出さないで、それでいながら平気な顔でマニフェスト(公の約束)と言い切れるあたりは凄いですよね。

しかも「4年間でやれば良いんでしょw」と、4年間は絶対に政権を手放さないつもりでいますから。
例え参議院選挙でぼろ負けしても、「国民の皆さんの応援として受け止めます」くらい言い出しませんからね。
あのルーピー首相は。

まあ、今度の参議院選挙は面白そうですね。
真面目に日本の未来が掛かっていますから。
是非ともミニ政党がキングスライムの如くに合体して欲しいものです。

民主党には対抗馬がないとダメですからね。
本気で二大政党制にするのならば。


[第1684]  昼に行ったラーメン屋のお客さんも言ってました

                            −H22.4.17 (土)−



ここ数日の天気を見て思うのですが・・・

地球温暖化

ありゃ嘘だな。うん。

CO2の排出によって地球温暖化が進んでいるという話に何の根拠も無いのは今となっては有名な話ですが、それにしてももし万が一そのデタラメな仮説が正しかった場合、エコポイントだのCO2削減規制だのとやっていたら氷河期が来るやも知れませんよ。

私が小学生の頃に授業で「日本は少しずつハワイの方へ移動している」と聞きました。
一年で数ミリか0コンマ何ミリか知りませんが。

とりあえずハワイに近付いているのにこの寒さは何だ一体!!!!(怒)

東京では四月なのに雪が降るわ、新潟では暖房器具が離せない日ばかりだわ。
頑張れ地球のコア!!
ガンガンと地球温暖化しようじゃないか。

常春の星「地球」を目指そうじゃないか!

良いですよ。
常春。

バリに海外旅行に行って思ったのですが「何でこの人たちはこんなにのんびり生きているのだろう???」、「生きられるのだろう???」でした。
そしてそこで出た結論が、「暖かくてそこらの木に果物が成っているから食べものに困らないんだなこの人たちは。うん」でした。

「質素な生活をしているから」というのもほんのちょっとはあるかも知れませんが、基本はお腹が空いたらそこらに成っている果物をもいで食べるだからだと思うのですよね。

それもすべて常春または常夏だからこそ成せる技です。

地球温暖化良いじゃありませんか。

何?
南極と北極の氷が溶けて地表が減る?

そのために人類は高層マンションを作る力を得たわけです。
見て下さいよ。
アントニオガウディの塔。

高いでしょ?
あれすべてそれを見越して作っていますから。
ピザの斜塔もそうですよ。
2012並みの地震の際には真っ直ぐになる様に計算されて作られましたから。ええ。

それに氷が全部溶けて地球が海の星になる頃には、きっと地球全体のバランスから他の土地が隆起してきたりすると思いますよ。
地球にとっても緑は必要ですからね。

という事で、今の地球温暖化のエース「中国」くんには頑張ってもらって、暖かくて、ついついのんびりした性格にみんながなる様に、ガンガンと暖めて行って欲しいものです。


[第1683]    新型なら何でもOK?
 −H22.4.16 (金)−


「最近の繁盛日記は軽いネタばかりだ」と言われましたので、本日はかなり重い話を書いてやろうかと思います。

昨日、二日分のメールをチェックしようとメーラーを開きました。
届いていたメール数457通。
しかしその中で開く価値のあるメール数は・・・

2通orz

ははは。
そんなものですよね・・・。
迷惑メールは迷惑です。;;

どうですか?
少しは重い気持ちが伝わりましたでしょうか?

だめ?

ああそう・・・
じゃあこれでどうでしょう?

開く価値のある一通のメールを開きました。
そのメールにより私の本日の昼食が決まりました。

「ガスト×トリック」

何やらはみ出るステーキを食べるとトリックコースターが貰えるとの事。
一人で行って食べるのは恥ずかしいので、社員を誘い食べに行きました。
そしてもらったのがコレです。



中を開けると・・・






















コレ。


どんと来〜い!と言っている上田のコースターが欲しかったのが残念です。;;








さて、どうですか?
重い感じは伝わりましたでしょうか?

まだだめ?

では、新型うつ病の話を知ってます?
病気の症状は「仕事の間だけうつになる」というもの。
帰宅したり、旅行は普通に楽しめるそうです。

もう一つ従来とは違うものは、うつ病というのは四六時中うつ状態。
そしてすべて「自分が悪い・・・」となる。
しかし恐るべき新型は「悪いのはすべて他人のとせいだ」というもの。

日本のアホな医学会ではこれを本気で「病気」だと信じています。
病気を作り出すのが好きとは言え、いくらなんでもこれは作り過ぎですよね・・・。
それを病気認定したら、子供が「学校に行きたくない」と言って「お腹かが痛い」だの「頭が痛い」だのというのも病気としなくてはなりません。

やりたくない事をする時だけうつ。
しかも、そんな自分はまったく悪くない。

・・・・
・・・・・
・・・・・・・・・

アホかぁぁぁぁあああああああ!!!!!!!!

なんて大きな声では言えませんが思ったりする今日この頃の私です。

本当に現代人は病気が好きですね。
この病気好きはきっとアメリカから来てるのでしょうね。

最近ではタイガーウッズが○○○依存症と認定されていました。
(※全国の少年少女も読むので○○○と伏字にさせて頂きます)

あれだけ凄いバイタリティーの持ち主で、若くて、しかも大成功を収めていて、性格も良さそう。
それで女性が寄ってこない訳が無い。

男性として凄い魅力がある訳です。
イチローしかり
福山雅治しかり
女性から見たら金の卵どころではなく、金の卵を生み出すニワトリみたいなものです。

それでいて女性が迫ってきて、すべてを一切断つなんてあれだけのパワーを持つ男にはそうそう出来ないでしょう。
毎日が勝負でしょうからね。

しかしその行為を責めるのではなく、「○○○依存症」と病気扱いにする。
アメリカは依存症が好きなのですよね。

アメリカに行ったら私なんて間違いなく
「アルコール依存症」
「タバコ依存症」
「本依存症」
「DVD依存症」
「仕事依存症」
などなど沢山の依存な症状を出されることでしょう。

これは「病気」なのですかね???

まあ色々と言いたい事があるのですが、近頃の日本はとにかく「病気に優しい社会」なので書くと危険なので控えますが、とりあえず何にでも「病」だの「依存症」と付けるのは止めて欲しいものです。

病は気からです。

本人がまったく気にしていないのに、社会で「病だ」と決め付けられたら病気になる人が増えるだけですから。

もしかして医学会はそれが狙いなのですかね・・・
患者を増やすための営業努力。
広告宣伝。

うーん・・・。


[第1682]    フリンジ
・・・  −H22.4.15 (木)−


上越・柏崎の出張より帰って参りました。
仕事はスムーズに行ったのですが、問題が一つ。
借りて行ったDVDです・・・。

その名は「フリンジ」。
麒麟児でも、先日の私の激痛のあれでもありません。

広告は凄く良さそうだったのですよ。

着陸した飛行機に乗っていたのは全員死体だった・・・
みたいな感じで。

LOSTの最初並みに期待感を持たせます。
ましてやツタヤではフリンジコーナーをわざわざ作っていたほど。
気にはなるものの「借りるのは全巻出てから」と決めているので、やっと借りて見ることにしました。

その前に見ていたのが「CSI」だったのが余計に悪かったのかも知れません。
とにかくまあ〜・・・
アホらしいほどの出来損ないのストーリー。

久し振りでしたね。
DVDを見ていて意識が飛んだのは。

11か12枚の全巻を一気に借りたものの、一話の出だし10分でもう興味が無くなる。
その後は機械的にただDVDを入替えるだけでした。
結局4巻まで見たところであまりにも辛くなり、以前見た「魅惑のアイランド」に変えました。

何と言うか4400っぽい雰囲気。
しかし中身は異常なまでに陳腐。
今どきマンガでもあそこまでデタラメなストーリーは作れないですよ・・・。

いや、おかしいと思ったのですよ。
新作なのに全部7泊8日OK。
しかも誰も借りていない。
というところで。

とにかくまあ、借りてこんなに悲しくなったのは「セックス アンド ザ シティ」(みたいなタイトルのドラマ)を借りて以来です。
あれならばチャームドを借りるべきでした。
恋するパイメーカーまたはプッシングデイジーでも良かったですね。

まだまともにドラマを楽しめる気がします。

今回思いましたが、リアルにするならばリアルに。
遊び全開にするならば遊び全開にしないと、ストーリーは成り立たないですね。
成り立っても面白くない。

例えば、殺人事件が起きる。
そこで操作するFBIが真剣な表情でドラえもんのヒミツ道具みたいなものを取り出し、それにより犯人を突き止める。

だったら殺人事件である必要ないじゃないか!ってな話ですよ。

そんなに便利な道具が合ったらタイムマシンの一つや二つ出してですね、その殺人事件が起きる前に戻って止めて来い!!
もしもBOXで「もしも今回の事件が無い世界だったら」と話せ!

と、叫びたくなる様な内容。
リアルな世界観の中に無茶なご都合主義を入れられると悲しくなります。;;

がしかし・・・

私にはあの映像を見ているだけで耐え難い苦痛を感じましたが、もしかしたらツボにはまる人もいるのかも知れません。
こういうのは好みの問題ですからね。^^;

まあ、それだけが心残りな出張でした。

さて、明日は出張で出てきた仕事を一気にやりますかね!!!


[第1681]    24番
 −H22.4.13 (火)−


ふっと自分の成長を感じる瞬間があります。
本日、私は「一つ大人になったな」と自分で自分を褒めてやりたくなりました。

実は6〜7年前に「これは無理!!」、終わった後も「いや〜・・・もう無理。苦しい。苦しい」という事がありました。

その私を苦しめたのが「24番」。

背番号ではありません。
製造番号でもありません。
メニューの番号です。

いや、パスタ屋さんがあるのですよ。
「美味しい」と評判の。
繁盛屋の事務所の近所と言えば近所かな?という辺りに。
そこは住宅街の中にあり、まず普通に生きている限りでは見つけられません。

しかし何故か「ある者」だったか、当時の社員だったかが知っており連れて行って貰いました。
何せ私の大好物は「アルコール」、「ステーキ」、「カレー」ですからね。
その後ろ7番目くらいにはパスタが入っていてもおかしくない今日この頃ですので。

当時はまだナビなんていう洒落たものがありませんでしたので、「ここかな?」、「この小路かな?」とグルグル周り「本当にこんなところにあるのか???」と思っていたのですが、遂に辿り着きました。

そして店内に入りメニューを見る。

・・・
・・・・・
・・・・・・
さっぱり分からない。

何せ6〜7年前と言えば、日本にはまだ「パスタ」なんていう洒落たものはなく、あるのはミートスパゲティーかソフト麺くらいの時代でしたから。
当時は庶民の殆んどが焼きうどんとイタリアンの違いすら分からないものでしたよ。ええ。
ピザですら「あの丸っこいパンみたいなやつ。煎餅?」と呼ばれていましたからね。ええ。

なのでメニューに書いてある料理名がさっぱり分からない。
しかしそんな中で馴染みのある一つの言葉を見つけました。

「普通・辛口・激辛」

よく分からないけれども、とりあえずこれさえ頼んでおけば良いだろう・・・。
不思議な味はしない筈だしな・・・。
という事で「辛口」が選べるパスタを頼みました。

食べたらとても美味しい。
確かに辛いがそれは心地の良い辛さ。
まるで天使の羽をむしって羽毛布団にした様な感じです。

一度目はそれで終わりました。

そしてまた暫らくして再度入店。

今回は調子に乗って「激辛」を頼みました。
その際にウェイトレスさんに「本当に凄く辛いですよ^^;」と言われ、確かマスターにも「辛いですよ^^;」と暗に「食べられないと思うよ・・・」というメッセージを貰う。

がしかし

「じゃあ辛口で^^;」なんて男として言えませんし、言うつもりも無い。
何せ私は天狗寿司でダイナマイトを食べたほどの男です。
辛(から)かろうが、辛(つら)かろうが、男はそんな弱音を口に出してはいけない。
出した瞬間に男は男でなくなるのだ。

今の世の中の様に何かと言うと「不平・不満・愚痴」を言い、自分で自分を貶めている様な風潮に私は反旗を翻します。
是非とも、私と共に「己は作るものであるの会」にご賛同の方はご連絡下さい。
年会費は8000円です。

という事で、激辛を注文。

出てきた。
色が何か違う。
悪魔のごとき赤。
まさにレッド。
まさに真紅。

そして一口食べる。

まさに辛苦。orz

辛いの辛くないのってあなた・・・
一口食べた瞬間に舌が麻痺するのです。
唇は痛みを訴えるのです。

そして結局は私が頼んだにも関わらず、社員と私の四人で少しずつ食べて行くよう懇願して食べ終えた次第です。
帰りの車中では全員が「辛い〜!><;」、「唇が・・・唇が・・・わたるみたいに・・・;;」と泣き叫ぶ、まさに阿鼻叫喚の様相を呈していました。

それ以来そこには足を踏み入れることはなくなりました。

そして経つ事6〜7年。
つい先日、その周辺を通り「そういえばあの店まだやっているかな?」と何気なく店の前を通りました。

やっている。

そしてその時思ったのですよね。
「大人になった今ならば激辛を乗り越えられるかも知れない」と・・・。

私もこの6〜7年の間に大分大人になりました。
何せ6〜7年前に比べて6〜7歳は歳をとっていますから。
6〜7年は毎日の様に食事してきましたから。

もうちょっとやそっとの事では動じない男になった筈だ。

そんな熱い思いから、本日社員を誘いリベンジしてきました。

店員さんに「激辛で!!」と歳には似つかわしくない若々しい声で叫んだところ、店員さんの表情が一瞬で曇りました。
そして「あの・・・前食べたことありますか?^^;本当に辛いですよ。普通でも十分辛いのですよ・・・」と心底心配している表情で言われました。(これ本当)

その瞬間、ちょっと思いましたね。
「辛口にしようかな?^^;」と。

ですが激辛にしなくては何のために何のために来たのか分からなくなる。と当初の目的に立ち返り。

「ええ、大丈夫です。今まで何度か食べた事がありますので激辛で。^^;」とちょっと見栄を張って言いました。
すると店員さんがまた「凄い汗でますよ・・・。^^;」と。
それに対し、私はテーブルに置いてある「おしぼり」を確認し、「大丈夫です!^^」と。
その上、普通より量の少し多い「中盛」を頼みました。

そして待つこと数分。

出てきた・・・。
やつだ・・・。
あのディアボロかよ!!と言いたくなるのほどのあの真っ赤なにくいあんちくしょうが。

心配そうな店員さんの顔。
さりげなくこちらの様子を伺っているマスター。

そして一口食べる!

食べた瞬間、過去に経験した事の無い辛さが舌を襲いました。

いや真面目に一瞬で舌が麻痺するんですよ。
本当に凄い辛さです。

がしかし、男は何が無くともやせ我慢。
武士は喰わねど高楊枝です。

もうですね・・・
黙々と食べましたよ。
そして前回の経験からあまり水を飲んではならないという事も知っていたので、とにかく食べる。食べる。食べる。

そして遂に・・・

完食!!!!

あの辛さに耐え、食べきったのです。
しかも帰りの車中では「大して唇の痛みも感じないな」と思う余裕も。

この瞬間でしたね。
「大人になっていたな・・・」と思ったのは。
「大人の階段をまた一つ上ったな。そんな僕はシンデレラさ」と思ったのは。

壁を越える、いつの間にか壁を越えていた、というのはこういう事なんですね。
辛(つら)い時は「無心」ですよ。
そして「専心」ですよ。

皆さんも是非大人の会談の場を設けて下さい。
いや、大人の階段を上っている実感を得る機会を自ら作り出してみて下さい。
また、一つ自分が好きになる筈です。

【追伸】
本日の私の話が「大袈裟だろうw」と思ったアナタ。
是非とも一度食べてみて下さい。
「24番・激辛」を。
一度目は辛さに涙したとしても、必ず後から私と同じ感動を味わう日が来きますから。

負けて勝て、勝って負けての繰り返し。
この世は人の涙なるかな。
ですよ。

書いた私にも意味は分かりませんが。


【おまけ】
明日から一泊二日で柏崎・上越と行って来ます。
なので明日の日記はお休みです。
次回は15日(木)の予定です。
もし16日(金)になったらごめんなさい。


[第1680]    現代の志士
 −H22.4.12 (月)−


先日、えんぞの中を歩いている小学生を見ました。
春ですね。

さて、金曜・土曜と更新せず、すみませんでした。
言い訳になるのですが、先週末は新どんと!のための物件登録で大忙し。
そんな中、金曜日の22:15に突然携帯のアラームが鳴りまして「やべ」と・・・。

そうなんですよ。
あのトリックのスピンオフ番組「警部補矢部謙三」が23:15から始まってしまうのです。

その時点で「徹夜でやるぞ!!」と思っていたのが、「早く帰らなくては!」となり、新潟駅まで送って行くと言っていたインターン生を急かして大急ぎで帰った次第です。

簡単に言ったら「見たいテレビがあるので繁盛日記を更新せずに帰った」という事です。
子供みたいな話ですね。
うははははは^^

あとは心の中に「明日も出てくるからその時で良いだろう・・・」、「どうせ見られるのは月曜日だろうからな」と思っていました。

しかし今回見ていて思いましたが、トリックの小ネタは出てくるものの如何せんレベルがかなり低く、見ていて辛かったです。
あの何と言うか不思議なムードが全然無いのですよね・・・。

何となく昼ドラみたいな感じでした。
造り込まれていない感じ。
無理に矢部のキャラだけで一時間持たせようとしている感じ。
さすがに矢部だけでは無理ですよ・・・。

とりあえず次の回からは時間があって、覚えていたら見るとします。
わざわざ見るほどの価値は無いですね。


そして土曜日は休日にも関わらず全社員が朝から集結。
(一人は徹夜だったので出勤した時点でいました)

朝の8時から登録開始。
もー・・・
全開バリバリッ!!
とばかりに登録しまくりです。

休憩は昼食だけです。
社員一同+1(超低賃金労働者※身内)で近くの焼肉屋さんへ。
食べ放題で唸るほど食べました。
まあ途中からは肉を食べているのか、炭を食べているのか分からなくなりましたけど・・・。

そして満腹の腹を抱えて帰社。
以降は数時間に一度の背伸びくらいでずーっと登録。登録。登録。

目標終了時間は午後8時。

が、しかし・・・

写真に頭を悩ませたり、複雑な登録方法の物件で詰まったり、そして何より「登録途中または入力完了後のデータ消失現象」により、結局終わったのは

午後10時でした。

朝から晩までPCの画面に向かって黙々と登録作業ですよ。ええ。
背中が痛くなりましたよ。ええ。

まあ、その甲斐あって何とか登録は終了しました。
これで4月20日の「新どんと!スタート」に向けて大きな第一歩となった訳です。

あとは、ちょっとした内部の微調整やら、デザイン変更をすれば目出度くスタート出来ますね。
本当に楽しみです。^^

しかし話は戻りますが「入力データ消失現象」について。

簡単に説明しますと、「どんと!」というのはHPが置いてあるサーバーにアクセスをして、そのその中のシステム(プログラム)を利用して登録して行きます。

世界でこれから流行るだろう、流行らせるだろうと言われている「クラウドシステム」とは違いますが、サーバーにアクセスしてその中のソフトを利用して管理、製作するというのは同じ。

今回激しい頻度のデータ消失を体験し、「果たしてクラウドは成功するだろうか?」と不安に思いました。

ネットへの通信が入力途中で不安定になったら、それまで入力したものが消える。
サーバーがパニック起こしたら、それまで入力してアップしようとしたものが消える。

恐らく誰もが一度は経験があると思いますが、ネットで何かを注文したり、書き込んでいたらサーバーにアクセスできず、入力データが消えるという事があります。

そして「ちっ!なんだょ〜;;」となりながら、もう一度たった今入力したものと同じものを入力する。
あのむなしさと来たらもう・・・。

と同じ事がクラウドでは頻繁に起こる可能性が高いです。

何せネットで接続してソフトを利用するというのがクラウドシステムですから。

そうなると大ブーイングが起こるでし
ょうし、入力したデータが消えた!と問題になる事が多々あるやも知れません。

大丈夫ですかねクラウドシステム?

何となくですが相当ゴツイサーバー。
それこそ2chくらいのサーバーを準備しないと無理ではないかと思います。
韓国のサイバー攻撃には撃沈してましたけど。

まあ、そんなこんなで本日からしっかりと繁盛日記スタートです。
頑張ります。はい。


【おまけ@】
「たちあがれ日本」(このネーミングはやっぱりどうかと思いますが)の結党式ですかね?

そこで石原都知事が
「70過ぎの老人ばかりと言うが、今の40代50代に我々ほど日本を真剣にうれいている者がいるか!」(という様な意味のこと)
と言っておりました。

いや〜凄いですね。
本当に素晴らしい。
まさにその通りですね。

そしてその前には平沼党首が「どんどん若い人に入ってもらって、老人どけ!と言ってもらいたい。それを望む」(という意味の様な事)と言っておりました。

素晴らしいなあ。
本当に。
私がもし今政治家ならば喜んで「たちあがれ日本」(このネーミングはどうかと思いますが)に入りますね。

【おまけA】
そして・・・
別に「たちあがれ日本」(このネーミングは・・・)に入党する訳ではありませんが、私の元同僚で友人が現在、民主党が異常に強い県(国会議員全員民主党)で県会議員をしています。

何ヶ月に一度メール(メールマガジン)が届くのですが、その中に「次回の参議院選挙に日本のために自民党の候補者として出馬します」と書いてありました。

いや、県会議員選挙でもトップまではいかなくても上位で当選する力を持ち、何期でも務められるでしょうし、奥さんもおり子供も3人います。
「ちっ!民主党めー!!(怒)」と呟いていれば、十分これからもやって行けるでしょう。

しかしそんな安定した生活を投げ捨て、民主党に勝負を挑む。

凄いです。
本当に漢です。

恐らく、本人も当然当選する気はありますが、しかし非常に厳しいという事は分かっています。

ここに勝手に本人のメールを一部転載いたします。
是非読んで下さい。

【一足先に】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 ようやく春の訪れを感じるようになりました。

 皆さんはどこに春を感じられるのでしょうか。


 岩手山の別名は「厳鷲山」とも呼ばれています。それは春になるとみられる

 山頂の鷲(ワシ)が羽ばたいている様子に見える雪解けのあとの模様に由来

 しています。今、盛岡で見られる岩手山は、そのワシがきれいに見ることが

 できます。

 岩手ならではの春の訪れです。



 先日の7日、東京に出張して、一足早い桜を堪能しました。

 皇居の桜も、花見は最後のようで、ちょうど良い時期に来たと思いました。

 満開と、風に散る花びらが美しい。


 九段下では、ちょうど武道館で母校の入学式が行われていました。

 一年の浪人後、新たな環境に期待と不安を持ちながら一人、武道館へ行った

 春の光景を思い出しました。





【お騒がせしております】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 近頃、さまざまなところで、皆様方にはお騒がせをしております。

 突如、第22回参議院議員通常選挙に立候補する決意を固め、4月1日に心

 境を後援会にお話し、今月4日に、自民党の公認候補として岩手選挙区から

 立候補予定者として認定されました。

 国政選挙を急遽戦うことにしたわけです。



 選挙は今のところ7月11日が投票と言われています。100日前後の短期

 間でその準備をすることになり、まさに走り陣立てで、取り組んでいます。


 岩手は小沢一郎幹事長の地元であり、知事も民主党籍の知事。さらには9人

 の国会議員の内、9名が民主党籍の国会議員であり、自民党の国会議員はゼ

 ロの地域です。


 そんな中で戦う意思を表明したことは、常識的に考えても無謀と思われても

 仕方ないことであり、厳しい中で、あえて火中の栗を全身で拾いに行ったと、

 自分自身思っています。


 ラ・マンチャの男。

 そんな表現も聞こえてきそうな中での決断をさせていただきました。





【期待と不信感】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 「政権交代」の掛け声のもとにはじまった新しい政治は、皆さんの目にはど

 のように映ったのでしょうか。


 私自身、自民党に所属しながらも、自民党的な官僚主導の政治を好まなかっ

 た一人として、民主党政権にすくなからずの期待感を持って眺めてまいりま

 した。


 自民党では現実に変えられないのではないかというものを、大きく変えてく

 れる。そういう思いがありました。


 その一方で、前回の衆議員総選挙期間中、「政権交代」「生活第一」という

 スローガンに違和感を感じながら、民主党マニフェストは財源の根拠がない

 バラマキ的な政策だと訴えてきた一人として、すぐに化けの皮もはがれるの

 ではないか。


 教育問題や安全保障問題でも、保守政治と社会主義的なリベラル政治の「理

 念なき政治」では、すぐに破綻するとも予測しながら眺めていました。



 その結果、どうだったでしょうか。期待を持った民主党政権(連立政権)は、

 時間の経過とともに「私たちの想いを大きく裏切っている」と感じられる方

 も多くなっているのではないでしょうか。


 少なくとも私は、時間を追うごとにそう感じながら過ごしてきました。





【本当の政治とは】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 政権交代とは、政治権力の交代である。言うなれば「権力闘争の交代でしか

 ない」と私は感じるようになりました。そこに国のかたちや、国の理想が語

 られることはありませんでした。



 そして政権交代後に現れた問題は「政治とカネ」の問題。「自由な議論がで

 きない党内体質」。そして「財源なきバラマキ政策」です。マニフェストの

 期待は時間とともに縮小しているのも明らかになってきました。


 地域主権の実現は民主党の大きな政策項目であると思います。



 しかし、地域主権と言いながら「幹事長室」に地方の声(陳情)は一元化さ

 れ、地方や各種団体に「交付金や補助金」を「アメとムチ」で使い分け、党

 や幹事長の権力を集中させています。


 地方の自立や独自の判断という名目は失われ、中央の指導力が増している、

 矛盾した結果が明らかになったと思えるのは私だけでしょうか。



 テロとの戦いの延長線上にあったインド洋での給油活動は、政権交代後すぐ

 に撤回され、一月十五日に終了しました。その代わり、さらにコスト高な民

 生支援への政策に変更されました。


 テロとの戦いの意志表示は後退したと、各国からは見られています。



 その一方で中国の大訪問団によるパフォーマンスは異様さを感じさせました。

 また、強行された中国共産党の習近平国家副主席と天皇陛下との面談につい

 ては、天皇の政治利用として批判も浴びることになります。



 普天間基地の移設問題に至っては、同盟国の約束(日米協定)を無視して不

 信感を与える議論を重ねるばかりか、沖縄県民の心情をもてあそび、永い対

 話の中での「やむを得ずの選択」を無駄にしています。


 最近では人口の少ない徳之島へ一時移転を提言しようとしているようですが、

 地域は反対の声も大きく、5月で決まるような案ではありません。


 日米安保による海兵隊の役割は、朝鮮半島や台湾での有事の際、最前線でア

 ジアの安定のために活動することを目的としてあります。日本の平和やアジ

 アの安定は米国によって大きく守られているのは周知のとおりです。その日

 米同盟が事実、揺らぎ始めている。そう私は感じます。



 自民党政権も制度疲労し問題もありました。だからこその政権交代でした。

 しかし、今の民主党政権は国のビジョンが見えないまま、さらに大きな問題

 をつくりだし、日本の崩壊を加速度的に進めているとしか思われません。


 民主党の政治はおかしい。民主党の体質や政策は間違っている。そう感じて

 いる方はたくさんおられるのではないかと私は思います。


 その受け皿として自民党の支持は未だ高まっていませんが、民主党の強固な

 岩手だからこそ、その受け皿を示すことは、重要な役割と使命を帯びている

 のだと思います。





【これからの日本】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 今年、経済の一つの指標であるGDP(国内総生産)は、日本の世界第二位

 から中国へその座を明け渡すと言われています。さらには、このままの経済

 成長を維持していくならば、十五年前後には米国のGDPを抜くと言われて

 います。


 さらにインドも四十年前後に米国を抜き、世界第2位の経済大国になるとの

 予測があります(ゴールドマン・サックス経済調査部)。いずれも順調にい

 くとは思われませんが、日本の経済の優位性は明らかに低下しています。



 経済の競争力低下の一因に、人口の減少が指摘されるところです。日本は少

 子高齢化という課題とともに、人口が減少を続け、このままでは四十年後に

 は人口八千万人から一億人に減少する(人口問題研究所)と言われています。



 歴史小説家の司馬遼太郎氏は晩年(一九九五年頃)、日本のこれからの話題

 に言及され、今日の世相を憂い、願わくば「緩やかな衰退」であってほしい

 と述べられたことがありました。


 その後の十五年の歩みはまさに、司馬遼太郎氏の予測のとおりだったと言え

 るのではないでしょうか。


 そのベクトル(方向)を正しく変えていかなければなりません。





【目指すべき新たな政治を】━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 人口も減少し、資源も少ない日本。期待すべきはやはり人です。

 「教育」は将来への投資であり、日本の夢・希望です。


 日本の優位性は、先んじた教育力、科学技術力、そしてインフラ(基盤)で

 す。その優位性を、人材育成を通じてさらに強化することが日本の進むべき

 道だと私は信じます。



 その上で、私は皆さん方に問いかけたい。



 若くしてアメリカ大統領に就任したケネディーは「国家があなた方のために

 何をするかでなく、あなた方が国家のために何ができるかを問うてもらいた

 い」と有名な演説を行いました。


 また福沢諭吉は「一国の独立は、一身の独立にあり」と、国家を成り立たせ

 るものは、国民一人ひとりの働きによるものだと「学問のすすめ」に書いて

 います。



 今回行われている民主党のバラマキ政策は、国民の自立を喚起させる政策と

 いうよりも、国民の利便性をうたい、国民の豊かさを国家が担う政策にあり

 ます(社会主義的な政策)。


 しかもその財源は、将来世代への負担によるものです。どこの世界に、子や

 孫に負担を掛けて現役世代だけ満足させる施策が正しいと言える政策なので

 しょうか。


 このままでは、私たちの愛する日本や郷土は、健全な形で子や孫の世代に引

 き渡すことはできません。



 「自立した人間によって、国を支える」政策に転換していかなくてはなりま

 せん。与えられる国民から、与える国民への力強さを取り戻す必要がありま

 す。自らの働きによって、家族を支え、地域を支え、国を支える。


 その上で、弱いものに手を差し伸べられる社会をつくることが、理想の社会

 なのではないでしょうか。



 政治は理想を語るためにこそある。

 私はそう信じて政治活動を続けてきました。

 権力闘争だけが政治ならば、私はそこに夢も希望も見出すことはできません。



 皆さんは、そう思いませんか。

 厳しい時代だからこそ、理想を語り、皆さんと共に汗を流して新たな国づく

 りに前進したい。志ある政治参加こそが、日本を変えられると信じます。





【勇気ある決断となるか。単なる蛮勇と言われるか】━━━━━━━━━━━━


 勇気ある決断となるか。

 単なる蛮勇と言われるか。

 その挑戦がはじまっています。



 24歳ではじめて政治にふれ、理想をもって無理な挑戦をしてきました。

 それを受け入れていただいた多くの友人、支援者、応援者の皆さんがいて、

 今の私がいます。



 その一人ひとりの暖かさ、いただいてきた御恩を胸に、日本の新た改革に挑

 戦します。

 過去の自民党政治ではない。まして民主党政治でもない。

 新しい政治のかたちに挑戦してみたいと思います。



 皆さん。応援してください。
勇気ある決断となるか。単なる蛮勇と言われるか】━━━━━━━━━━━━


 勇気ある決断となるか。

 単なる蛮勇と言われるか。

 その挑戦がはじまっています。



 24歳ではじめて政治にふれ、理想をもって無理な挑戦をしてきました。

 それを受け入れていただいた多くの友人、支援者、応援者の皆さんがいて、

 今の私がいます。



 その一人ひとりの暖かさ、いただいてきた御恩を胸に、日本の新た改革に挑

 戦します。

 過去の自民党政治ではない。まして民主党政治でもない。

 新しい政治のかたちに挑戦してみたいと思います。



 皆さん。応援してください。



この人物は岩手県県会議員の高橋雪文(たかはしゆきふみ)です。
HP→高橋雪文を監視するホームページ

岩手に親戚・友人がいる方は是非とも声を掛けて下さい。
お願いします。


[第1679]    どんと!アプリをば
 −H22.4.8 (木)−


本日は上越・柏崎でした。
車は今回は本当に快調。
また以前に比べて燃費が良くなりました。(いや本当に)

前回の車検で言われたのですが、どうも今まで40〜60km、80〜100kmくらいまでのギアがおかしくなっていて滑っていたそうです。
なので加速するとその分燃費がガンガンと悪くなる。

ですが今回トランスミッションを丸ごと交換した事でそれがなくなりました。
だから燃費が良くなったのでしょうね。

ただ、記憶が定かではありませんが、何となく新車で買った時よりも燃費が良くなっているような気が・・・。
もしかして最初からおかしかったのか、もしくはどんどんとバーツは入れ替わっていくので性能が良くなったのかも知れませんね。

とりあえず、改めて「新車で出たばかりの車は買ってはいけないな」と思いました。
一年後にはパーツが殆んど入れ替わっていますからね。
まあ、その前に次に車を買い換え様と思える日が来なくてはなりませんが・・・。
うははは^^;

さて、SIMロック解除。
嬉しい限りです。
これでドコモでiphoneが使えるようになる!!

何やら街の声として「iphoneが繋がりにくい。圏外が多い」というのが、新聞などでSIMロック解除の話の際にちょこちょこと出てきますが、あれはソフトバンクがどうのというよりも、iphone自体の問題の気はしますが・・・。

ソフトバンクが普通に繋がるところでiphoneは「圏外」になったり、同じ場所でも突如として「圏外」になったりしていますからね。^^;

ただまあソフトバンクよりもドコモの方がエリアが広いのは確かですからね。
それにそうなれば私の携帯は一台で済む様になりますし。
本当に嬉しい。

総務省よくやった!と珍しく誉めたくなる話です。

まあ問題は「強制ではない」というところですね。
それと「使える機種は随時増やして行く」という事なので、iphoneがSIMフリーになる日はまだまだ遠そうですけど。

ソフトバンクのドル箱ですからね。
そう簡単に手放すとは思えませんし。

ただ、日本のメーカーとしては嬉しい限りではないでしょうか?
以前の日記で書いた「作る携帯電話が一つで済む」となる訳ですから。

開発チームのメンバー数は少なくなるかも知れませんが、iphoneに負けない製品を全社一丸となって作って行ける体勢になります。
是非とも素晴らしい機種を作り出して欲しいです。
その内、iphoneのアプリはiphone専用ではなく、どの機種でも使える様になる筈ですし。

アプリで思い出しましたが、「どんと!のiphoneアプリ化」を計画中です。
簡単に作れそうなのですが新型Macではないと出来ないところがちょっと痛いところです。
今はまだ、ただアプリのアイコンがあって、クリックしたらどんと!のページが開けば良いだけですからね。

ただその先にはiphone用というか、スマートフォン用の画面・検索などまで当然行く予定です。
開発費がまた掛かりそうだなあ・・・。^^;


[第1678]    仕事大好き
 −H22.4.7 (水)−


本日お問合せを頂いたお客様のHPを見ておりましたら、ブログがありました。
そのブログを見たら・・・
iphoneユーザーだったり、モルディブへ新婚旅行へ行かれたとの事が書かれていました。

羨ましい・・・。

次回、お会いした際には是非ともiphoneについて熱く語り、そしてモルディブについて熱く語りたいところです。
きっと迷惑でしょうが。
うははは^^;

さて、4月に入って急に仕事がバタバタしてきました。
いやそれまでも色々と仕事を抱えていたのですが、新規の仕事がドンドン!と。
本当に有難い限りです。

紹介を頂いたり、いつも何かあるとお声掛けを頂いたりする度に、「ああ・・・繁盛屋をやっていて良かったなぁ」と思います。
何ですかね?
この人の役に立てるという嬉しさ、必要とされるという嬉しさは。

今朝の朝礼の三分間スピーチでもありましたが、働くというのは「傍(周囲)を楽にさせること」だと言います。

昨日たまたま移動中に見たテレビでもホームレスのおじさん(恐らく)が、「金が欲しいよりも仕事が欲しいよ・・・」と言っていました。
いや、当然お金は欲しいのでしょうが、それはあくまでも「働いた報酬として」なのでしょう。

以前の日記にも書きましたが、ローマ帝国で失業者が溢れ出した際にも、その失業したローマ人達は「俺たちは金が欲しいんじゃない!働いて人に必要とされる場所が欲しいんだ!!」と、今で言う生活保護の様なことをしようとした政府に対して怒っていました。

役に立ちたいのですよね。
少しでも良いので。

それに対して昨今の日本人。

「傍を楽にさせる」どころか
「人が動いて働くと書く」どころでもない。
如何にして自分が楽をし、そして動かずして金を手に入れるか?ばかりを考えている。

大体何ですか?
今の一番の人気の職種が「公務員」って・・・。
夢も希望もありゃしない。
あるのは「安定」と「楽な仕事」だけじゃないですか。

まあ、あれだけ楽そうな仕事で、そして一流企業並み、いやさそれ以上の高給をとれる仕事となると今の日本に他にはないですからね。
そりゃあ「楽をしたい。それだけが人生のすべてさ♪」という、夢も志も持たぬ者にとってはたまらないのでしょうね。^^;

ただ、これもまた大分前の日記に書きましたが、「公務員が一番人気の職業」なんてなる国。
これは行く末は社会主義国家です。
国民全員が国家公務員ですから。

そう考えると敗戦後に日本を徹底的に滅ぼしてやろう!と思い、その思想の者達が流れて行った「新聞社」、「学校」というものは目的達成ですね。

おっと・・・
また大分話が逸れましたね。^^;
とりあえず昨日ネットで見つけた面白い「新社会人」の話をコピペして本日の日記を終了とさせて頂きます。
どうぞお笑い下さい。

◇ 仕事放棄
 新商品発表会の案内状を作って発送するよう頼んだら、「やり方がわからない」と放置。
 みんなで案内状を作っていたら、本人だけ「5時半になったから」と帰ってしまった。

◇常識はずれのメール
 ・課長が「頼みたい仕事がある」といったら、「あとでメールで送ってください」と、
  話してもメモをとらない。
 ・風邪で休むという連絡も同僚にメール。
 ・クレームへの謝罪文を送らせたら、顔文字だった。

◇自分が嫌なことは断る
 ・書類の整理など「私らしくない」と拒否。
 ・上司から「飲みにいこう」と誘われたら、「数日前にいってもらわないと、心の準備が
  できないので、アポをとって」と帰ってしまった。

◇わが道をゆく
 ・取引先との打ち合わせでの飲み物、みな「コーヒー」という中で、「クリームソーダ」。
 ・ランチミーティングで、あと片付けをしない。
  「どうして手伝わない?」、「手伝ってと言わなかったじゃない」

ナイスだ!
新人たちよ!!^^

そう言えば、以前繁盛屋にいた社員もメールで「休ませて下さい」だの、「具合が悪いです」だのと送ってきた事があったなぁ・・・。
うははは。^^;


[第1677]   やっと振り子が戻ってくるか?
−H22.4.6 (火)−


平沼新党!

目出度い!!!

今の子供手当ての制度のまま、公務員の給料が大企業並み、いやさそれ以上のままの増税は如何なものかと思いますが、それでも「保守」を旗印にし進んで行く政党の誕生。

いや〜この時を待っていました!!

右傾化でも何でもないですよ。
国として当たり前、人として当たり前の事を、当たり前に言える政党なだけです。
素晴らしいなあ。

いや、そろそろこういう政党が出来ても良い筈なのですよ。

民主党の様な反日政党。
自民党の民主党と対極にいる振りをしながら、実はただ横に並んでいるだけ。
(私はよく分かりませんが核マル派と赤軍派みたいなものです)

他の政党は何がしたいのかさっぱり分からない。
ただ単にお山の大将になりたいのか、良いとこ取りをしたいだけなのか。
その政党の目的が何か見えない。

こんな政党ばかりでは日本の未来はお先真っ暗ですから。
必ず何かの反動、揺り戻しがあるのです。
それが今回の平沼新党なのでしょう。

いや〜平沼さん本当に立派!!

この調子で是非とも、左に寄り過ぎの自民党にイヤイヤ所属している議員、民主党の極左に困り果てている議員などの、左でも右でもない「国としてあるべき姿」である「真ん中」の人たちが集結して、本当の二大政党に分かれて欲しいですね。

何せ谷垣さんなんて自民党の総裁ですが、基本的には民主党と同じ考えですからね。
河野太郎あたりは考えはもっと民主党寄りでしょう。

前原さんもいつまでも民主党の困ったちゃん振りに「大臣だから仕方ない・・・」と我慢せず、是非ともこの機会に平沼新党へ移籍して欲しいものです。

そうすれば「高速道路無料化なんて無理なんだよ実際!!」と、誰もが思っていても久田に出せないでいることが堂々と言える様になりますからね。
そして、本人も議員として信念に従って行動出来る様になりますよ。

まあ、参議院の議席なんていくら増えても大して意味はありませんが、それでも「国会議員」となれば、頭の悪いマスコミ各社がこぞって取り上げますから、何とか参議院選挙でドカッ!と5人くらい当選して欲しいものです。
いや、出来れば10人くらい鞍替えして来てくれると良いのですがねぇ・・・。

大分前から政治の世界は「新規参入不可」の社会ですからね。
「新人」と名は付いても、すべてどこかの紐付きですから。
地盤・看板・カバンを持つ。

まあ、とりあえず平沼新党です。

今は小さく見える火かも知れないが、あれが日本の夜明けの光になる。
ですね!!

新潟でも誰か新党に入ってくれませんかね?
大喜びで投票するのですけどねぇ。


[第1676]   一等寝台では無理だなあ 
−H22.4.5 (月)−


日曜日の新聞によくある「旅行チラシ」が入っていました。
そして何気なく見ていたら
「5月2日出発 北海道旭山動物園の旅」というものがありました。

料金は何と!!
16000円くらい。

しかも!
一等客室(窓は廊下側ですがビジネスホテルのツインくらいの広さ)にしたとしても、たったの+6000円!!
往復で、ですよ。

電話しましたね。(ある者が)
9時30分の営業時間に合わせて。

休みでしたね。
日曜日だったので。

で、本日ある者に連絡させたところ・・・

もう一等船室埋まっていてないそうです。orz

と言うかですね・・・
本当は最初から一等船室なんて予約できなかったのではないでしょうか?
常識的に考えて、動物園見るわ、富良野でなんか花畑見るわ、それで個室で往復だわで21000円というのはありえない価格ですからね・・・。

ネットで調べてもその旅のコースはありませんでしたし・・・。
それにGWの船で一等が空いているとも思えませんし・・・。
あれはよくある「見せ物件」、「釣り餌」だったのやも知れん・・・。

せっかく伸び伸びになっている「繁盛日記7万記念 豪華お土産セット」のチャンスだったのに。><
夏までお待ち下さい。
すみません。;;

しかしまあ21000円で北海道に一等船室で往復できるなんて、常識的に考えても無理ですものね。^^;
きっと船室の予約なんてしておらず、「空いていたら予約できますよ♪」という程度でチラシに記入したのでしょう。
罪作りだなあ。

ところであの高速道路実質値上げはいつからなのでしょうかね?
GWの間は1000円を続けてくれますかね?
だとしたら、ちょっとどこか遠くに行って来たいなあ。

ど〜こ〜か〜とぉおお〜くぅ〜へ
い〜きぃ〜ぃ〜いたぁぁぁぁぁい!!!

うん。
最近の繁盛日記壊れ気味だな。
「だからどうした?」というネタばかりだ。orz


【おまけ】
先週の土曜日に私の車が戻ってきました。
もちろん高額の請求書を携えて。

それまで乗っていた繁盛屋バンから乗り換えた瞬間・・・
「おぉぉ!?もしかしてこの車はけっこう良い車か!?」
と思いました。
高級車っぽかったんですよ。
まあ、10分後には慣れましたけどね。

それにしても最初は「左足が疲れるなあ・・・」なんて思っていた、繁盛屋バンのマニュアルですが、慣れてくると楽しくなりますね。
無意味にエンブレとかかけちゃったり、コーナーで一速落として走ったり。

こう見えても私も昔は走り屋ですからね。
いや、本当。本当に。

何が変わるのかさっぱり分からないまま、ショップでマフラーからインタークーラーからクラッチからローンで購入したりしていましたから。
まあ、走りの方は直線だけでしたけど・・・。
うはははは^^;


[第1675]     ようつべ   
−H22.4.3 (土)−


いや〜!!!
インターネットエクスプローラー8には散々な目に合わされました。;;

以前、入れた時からどうも文字入力が上手く行かなかったのですよ。
ですがあのプリントする際の余白などを簡単に設定できる点や、同じ画面でいくつもページを増やして行けるのに惹かれ、一度削除したものの再インストールしました。

しかし本日・・・。
まずはお客様の新規物件をダーッと入力し、新どんと!への移行を100件やろう!と思っていたのですが、入力途中で文字入力が不可能になったり、入力していたものが一瞬で消え去ったり、果ては画面が突然消えたりする始末。;;

使えん・・・。
使えんぞエクスプローラー8!!(怒)

あの、「よーし!あと一つコメント入れたら登録だ!」と思った瞬間に、今までの入力したものがすべて消えた時の衝撃と来たらもう・・・。
わしゃかなわんよ。;;

という事で、あまりにも頭に来たのでインターネットエクスプローラー8以外でまともなものは無いかと探しました。
グーグルのやつやサファリ。

しかし8の呪いなのか、すべて同様の文字入力が出来ない症状が出る。orz

知ってます?
PCで文字入力が出来なかったら、これただの箱ですよ・・・。

あまりにも悲しくなり、本当にデータをすべて移してOSの再インストールをしようと思いましたからね。
データを移すだけで2時間くらい掛かりそうだったので諦めましたが。

そして結局、泣く泣く8をアンインストールして6に戻し、システムの復元で8を入れる前に戻しました。
お蔭様で治りました。

その後、何故か?と調べましら、原因はどうやら私の文字入力の方法のようでした。
私は古くから「かな入力」です。
「ローマ字入力」ではありません。

日本人ですから。
ええ。
えへん。えへん。

かな入力の方が早いですしね。
以前の職場では伊東忠商事で一番入力の速い女性と勝負して勝ちましたから。ええ。
えへん。えへん。

しかしどうも「かな文字入力」はエクスプローラー8では邪道のようです。
または、マイクロソフトはもう日本を相手にしていないのかも知れません。
中国の漢字入力ならスムーズに入りそうです。

うん?
今ふと思いましたが、中国のPCのキーボードってどうなっているのですかね?
あそこの国は4つ位の大きな言語がありますよね。
その地域ごとに分かれているのだろうか?
まさかPCを持つ全員が英語を理解し、そしてすべて英語で入力しているとは思えませんからね。

まあ、良いです。
とりあえず、かな文字入力の皆さん。
エクスプローラーは6から上げたら危険ですよ。

例えユーチューブが見れなくなろうが、6で突き進んで行きましょう!
ユーチューブくらいiphoneで見れば良いのですから。

ところで、ユーチューブって昔は「ようつべ」とか言ってませんでしたっけ?
あれは違うやつかなあ???

とまあ、そんな憤りと悲しみで過ごした土曜日でした。
ではまた来週!


[第1674]  ルールは破るがマナーは守るぜ
−H22.4.2 (金)−


本日、走行途中に車からタバコの吸殻をポイ捨てする人を見ました。
後ろの席の様であり、また私の現在の愛車ニッサンよく分からないけどバンでは追いつくことも出来ず、結局どの面下げて生きているアホンダラかは分かりませんでした。

そしてアレをみた瞬間にふと思いましたね。
「禁煙運動は間違っていないのではないか?」、「タバコのポイ捨てをしたらその瞬間に死刑にする位でも良いのではないか?」と。

まあさすがに行き過ぎた嫌煙運動というのは、これは間違いなく異常行為であり、推進する神奈川県知事の頭は正常な思考能力を有する者とは思えませんが、それでも何とかしてああいった行為をするのはやめさせたい。

そこでまた思いました。
「タバコ代は90円だのとチマチマと上げるのではなく、一気に一箱1000円にするべきかも知れない・・・」と。

さすがに一箱1000円となれば、車からポイ捨てする様な、街でポイ捨てする様なアホンダラは買えなくなるでしょう。

あの手の愚か者では、一箱1000円の嗜好品を手にする事はまず無理でしょうし、一本50円ともなればタバコのポイ捨てどころか拾い集めるやも知れません。

もし1000円くらいでは効果が無さそうならば2000円でも良いです。

しかし本当にタバコをポイ捨てする感覚は何なのでしょうかね?
外に捨てれば誰かが片付けてくれると思っているのでしょうか?
どこまで子供なんだ・・・。

本当にポイ捨てという行為が無くなれば、それだけでもタバコに対するイメージは大分変わるでしょうね。
あとは歩きタバコだな。


【おまけ@】
子供手当て外人への支給ですが・・・
あれ、もしかしたら円安のための政策かも知れませんね。

外国へあれだけ日本円が流出する様な事になったら、まともな人は日本円を買おうなんて思いませんからね。

円安にして逆に日本の経済を活性化させようという、日本経済を滅ぼしてでも
企業の利益を確保しようという民主党の壮大な計画の一端やも知れませんよ。

そう考えると、子供手当ての異常さは計画通りか。
やるなあ民主党。
さすが世界市民政党だ。

大企業の利益だけ確保しておけばOKという考えなんですね。
ただし円安になれば、その分だけ外国からの輸入額が増える。

うん?
と言う事は、国内の食品、原材料などが売れる様になる訳か・・・。

しかし今までの様に安い物が入ってくる事は無く、国内の高い物を買う必要に迫られる。
となると、欲しくても買えないという状態に一部の富裕層以外はなる。

うん。
やっぱりこれは亡国のための政策だな。

高速道路は通勤割引の中止などで実質的な値上げをするわ、子供手当てで日本人の首を絞める円安を進めるわ・・・。

もうどうにもならないんだろうな・・・。
自民党が「選挙に負けても解散せずに衆議院の任期満了までやる」という先鞭を付けてしまったので、民主党があと3年半政権を手放す訳が無いですからね。;;

そろそろ日本もカウントダウンですね。

まだ体が動く時で良かったよ本当・・・。
よーし!!
志士となるかあ!!


【おまけA】
本日の新聞に雑誌の中で出来の良い論文が取り上げられていました。
その論文によると

これからの日本は適切な資源(お金)配分をしていかなくてはならない。
適切な資源(お金)配分とは
「環境」
「農業」
「医療」
「介護」
これらに資源(お金)を振り分ける事である。

との事です。

何だかなあ・・・。

要は、
「環境」・・・キレイな空気の中で
「農業」・・・ごはんだけは食べて
「医療」・・・病気になっても心配なく
「介護」・・・長生きしよう
という事なんですね。

先日の私の友人のブログに書いてあった通り、もう日本は上を目指しません。
環境の良いところで、美味しい食事に舌鼓を打ち、病気になっても安心して診てもらえ、とにかくただひたすら長生きしたい。

と、まるでアメリカでビジネスで成功をした者が田舎の農園でのんびりとリタイア後の生活を楽しむ様な事を目指すべきだと。

先日の私の友人のブログに書いてあった通り、もう日本は上を目指しません。
あとはもうお迎えを待つだけって感じですね。

またまた

何だかなあ・・・。


[第1673]     グワッとグワワッと
  −H22.4.1 (木)−


昨日は上越・柏崎からの戻りが遅くなったため日記をサボリました。
きっと「また三条あたりで車が故障したのだろう・・・」だの、「前日の送別会で呑みすぎたのだろう」だのと思い、心配していたことでしょう。
そうでしょう。
そうでしょう。
本当に心配お掛けしましてすみません。

私は元気です。

うははは^^

さて、最近何だか仕事が後手後手と回っています。
時には一昨日の話を二週間くらい前に感じて、「しまった!!!><」と大あせりしたり。
イカンですねぇ・・・。

忙しすぎるという訳ではないのでしょうがね。
それならそれで頭がグワッと回転する筈ですから。

まあ自分で言うのも何ですが、大体見当は付いています。
あれです。
「あれさえ解決したら中小企業の経営者は羽を持つ」と言われているあれ。

それにここ最近、妙に食欲を感じないのにガッツリと食べています。
お腹が空いていないのに口寂しくなる。
ストレスかなあ?
ストレスなのかなあ???

いや、そんな訳ないな。うん。
ストレスというよりもジレンマ。
だなきっと。うん。

まあ、本日から平成22年度の繁盛屋スタートです!
経営計画書はまだ作っていませんが、頭を悩ましつつ、苦しみつつ、そして楽しみつつ、そして夢を持って作るとします。
早急に。

とにもかくにも「あれ」を何とか片付けて、仕事もきっちりびっしりとし、そして大きく羽ばたくとします。
よーし!!
何は無くともまずは大声!!
ですな。^^

って・・・さっぱり伝わらないか。
これじゃあ。^^;

まあ、新期スタート、新繁盛屋スタートって事で色々とあるという事です。
えへへへ^^;


【おまけ】
そう言えば今日はエイプリルフールでしたね。
今から10の事柄を書きます。
その内、何個嘘があるか見破って下さい。

正解者には洩れなく「夏の北海道の旅のお土産」をプレゼントさせて頂きます。^^
ではどうぞ!

・私の愛するスーパーエクセレントレボリューション故障が多いエリシオンは4月3日には高額の請求書と共に戻ってくる。

・柏崎に行くといつもヒマラヤカレーのお店で昼食をとる。

・そろそろ家が欲しくなってきた。しかも愛するマンションではなく一戸建てが。

・昨日、今日とどんと!の問合せがガツン!と増えて嬉しい限りだ。

・何故か亀田興毅のブログを見てしまい、引退します(エイプリルフール)と書かれていて嬉しかった。

・最近、不思議と鳩山首相が理解出来る様になってきた。

・高速道路の早朝割引が無くなり、そして実質値上げとなる事について、公約違反で民主党に訴訟を起こそうか考えている。

・神奈川県の知事は阿久根市長並に話題に事欠かない人物である。と思った。

・ゆとり教育が廃止になってとことん嬉しい。ゆとり教育で育った世代は愚かな日教組・文部科学省に損害賠償を求めたら勝てるのではないか?と思ったりなんかしちゃったりしている。

さて、正解者はメールで私のところへ嘘の数を送ってきて下さい。
アドレスはコチラ

kondo@hanjouya.com

ではお待ちしております。^^

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com