メニュー

2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[3243]   ご無沙汰しておりました  −H29.2.21 (火)−

 

ね〜
お別れなんて言ったのにね〜
まだ三日しか経っていないのにね〜
更新しちゃうなんてね〜
ドウナンデショウ?

さて実は私、昨日よりまあまだ大して住み慣れてはいない我が家から引っ越しました。
まあ諸事情がありまして十日町へ。

マイニューホーム。ルーム?はこちら。



ネオン輝くマイカーが我が家。
ここで2週間ほど過ごす予定です。

この小さな写真では分からないとは思いますが、シートの下に缶ビール1ケース(24缶)が置いてあります。
天然の冷蔵庫状態なので、よくまあ冷えている事!

昨晩なんて普段は1日2缶程度なのに4缶飲んじゃいましたからね。
お風呂は日帰り温泉。
着替えは山盛りで持って来ている。
朝の歯磨き洗面は事務所でOK。

テレビは見られるわ
DVDも見られるわ
本は読めるわ
スマホはいじられるわ

本当、人はコンセントと一畳分のスペースがあれば生きて行けますね。

ただ、寝る前の外の様子がこちら



そして今朝目覚めた様子がこちら



でも布団も山盛りなので寒くな〜い!
うはははは^^

しかも移動距離が短い上に、消雪パイプと除雪がしっかりしているので道路には雪の一欠けらもないという十日町ですから、移動も快適です。^^

さて、本日もゆっくりと大きなお風呂に浸かり、ちょっとしたつみまで缶ビールを頂くとします。

ではまた明日。(?)


[3242]   ではしばしお別れです  −H29.2.18 (土)−

 

栃木の下野市でとても良い物件に出会いがありました。
久し振りに看板に気合が入りそうな感じ。



どうですかこの「看板を付けろ!!」と言わんばかりの店構え。
駅のターミナルから徒歩15秒程度。
種を植えたら、きっと素晴らしい大輪の花を咲かせてくれる事でしょう。
まあ、どれだけ手を入れるかではありますが・・・。

さて、良いですか?
私はかなり自信がありますが、世間一般から見たら間違いなく「それ何のアメリカドラマ?(笑)」という事を書きますからね。。。

金正男さん45歳。
マレーシアの空港で変な文字の書かれた女性に毒針の様なものだとか、VXガスだとか、まあ何かで暗殺されたと言われています。

がしかし・・・
私、正男さん生きていると思うのですよね。
「死体が確認されていない」との話もありますが、不思議な点がある。

何故空港なのか?
警備は厳重。
衆人環視の中。
飛行場ですから、世界へ報道が流れるのも早い。

何故そんなところで???
暗殺したいのであれば、いくらでも他に場所あるでしょうに。
暗殺された事すら気付かせない方法もあるでしょう。
実行犯が捕まらない方法なんてもっといくらでもありそうです。

何せ空港で一人で自動チェックイン機か何かの前に立つ様な人ですよ。
ボディーガードもいないでしょう。
それにも拘わらずわざわざ目立つ空港で実行する。

考えられる事は2つ。
一つは北朝鮮があえて世界に向けて「暗殺した」というのをアピールするため。

もう一つは「暗殺されたよ」と別の国がアピールするため。
別の国と言えば、「北朝鮮のリーダーをいつでも正男さんに入れ替えるよ」と言っていた。考えていた国。
この国が「暗殺された」という事にして、実は身柄を確保しているのではないか。

北朝鮮が崩壊したとしても、「実はいるんだよね〜!正統な後継者が!!^^」と言って、北朝鮮を掌握するために正男さんを出して来るために。
と、そんな事を第一報と状況を聞いて思った次第です。

まあいくら北朝鮮とはいえ、さすがに他国の空港で世界中から非難を受ける目立つ事はしないのではないか。と・・・。
と思う人が他にもいるだろうと、ネットで探してみましたが一人も引っ掛かりませんでした。^^;

何せ私は同じ歳なので。
日本人ならば学年も同じなので。
そしてディズニーランドが好きなので。
ついつい正男さんが実は生きて、幸せに暮らしている。
そんな事を願ってしまう次第です。

では、明日から怒涛の20日連続勤務に入る次第です。
初めての仕事内容ではありますが、頑張っちゃいますよ〜!^^

今月中にもう一回くらいは更新したい所です。


[3241]   
凄い戦略だなあ  −H29.2.15 (水)−

 

「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」を読み終えました。
一昨日に届き、読み始めたら止まらない。止まらない。
1時間程度で読めると思ったら二時間以上掛かりました。



凄く良い本です。
アメリカの知らなかった姿が山盛り。
日本の取るべき道が山盛り。

タイトルについては、読んでいる最中も読み終えた後も「何でこのタイトル???何でこの表紙???」と「?」も山盛りですが、そんな事はまったくどうでも良い位に面白いです。

本当に私達がイメージしているもの、マスコミの偏向報道を見破っているつもりでいながらも、実は見破っておらず思い込んでいるのがよく分かりました。
読み終えた後は頭が冴えてしまって、2〜3時間寝つけませんでしたから。^^;

まあ、内容については書きません。
というか全ページ通して是非とも紹介したい位の内容なので、それは買って読んでみてください。
「なるほどなあ〜!!!」の連続ですから。

ただ、その中で一番「なるほどなあ〜!」と思った一節だけ紹介します。

サヨクの陣営は、国民を徹底的に貧しくして追いつめることによって共産主義へ導こうという戦略を持っています。
これを清算主義といいます。

基本的に国民を困窮させ、社会の混乱や社会不安を煽ることによってサヨクの勢力を強化するという戦略です。

経済が豊かな間は、サヨク勢力は伸びず、貧しくなればサヨクは勢力を伸ばします。
そのため、国民をいかに貧しくし、いかに民業を圧迫するかを懸命に考えます。
その手段として、経済や社会保障の問題に懸命に取り組むのです。

生活保護や社会保障を手厚くすれば、国民は働かなくなります。
働かなくなればなるほど、国民の経済力が落ちて、貧しくなればなるほどサヨクの味方が増える

どうでしょう?
今の日本の方向がこれになっていませんかね?
「残業禁止」
「休みを増やせ」
「でも給料は上げろ」

サヨクの狙い通りになっていませんか?
保守のリーダーとなっている筈の安倍総理。
でも世の中はサヨクの企みが急ピッチで進行中。

安倍総理に何か大願があって、あえて無視しているのか。
それとも対外的な事で頭がいっぱいで、国内の事が考えられないのか。

それにしても、そこまでして共産主義にしたい人達って何なのでしょうかね???
国を弱体化させたとしても、そこにいる国民が使い物にならなければ意味がない気がします。

共産主義や社会主義は理想は素晴らしくても、人類に感情がある限り成功なんてしないと思うのですが・・・。


【おまけ】
すみません。
明日から3月10日の辺りまで、恐らく日記が更新出来ないです。
出来る限り頑張りますが、もし更新が止まったらご勘弁ください。
申し訳ありません。m(__;)m


[3240]   
第53回アノ方日記  −H29.2.14 (火)−

 

昨日、某SNSのFBに本日のバレンタインデーへの期待について投稿しました。

するとアノ方から「人生で身内以外から一度も貰った事が者が、45歳を過ぎてから貰える訳なかろうもん(笑)」という心遣いからなのか、「バレンタインのプレゼントです。^^」と日記を頂戴しました!!!

甘いものは眼差しだけで十分。
そしてチョコが苦手な私には最高のプレゼントです。

先に読ませて頂きましたが、まあ〜!素晴らしい日記です。
ちょうど昨日読んだ「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」にズバリの内容でした。

ではアノ方と繁盛日記からの「ちょっと大人なビターのバレンタインプレゼント」です。
どうぞ!^^

・・・・・・・・・・

民進党が再度政権の座に就くことは、この先ありえないだろうと確信(してましたけど)しました。

代表と、幹事長の元首相がそれぞれ安倍総理大臣の訪米についてコメントしましたが、低レベル過ぎて話しになりません。こんなのが政党のツートップでいいのでしょうか。ズバリ言わせてもらいます。

二人とも、大馬鹿。それも桁違いの。

長いこと当日記にお邪魔していますが、ここまで直接的に罵った単語を使った記憶はないと思います(たぶん)。存在そのものが迷惑で国益を損なう、半端政治家集団。それが民進党です。半端じゃなかったです、クズでした。

サヨクと反日メディアと反日国家の為だけに働いて、彼らから共感を得ていればそれで満足なのでしょう。

反日メディアの代表、アサヒ新聞と提携しているニューヨーク・タイムズだったかが、安倍首相が訪米する直前に、くだらない風刺画を掲載していました。1台の乗用車で、運転するのは安倍首相、後部座席でメガホンを持って運転手を怒鳴り散らしているトランプ大統領。

サヨクお得意の、日本の総理は米国のポチ、召使、という古臭い刷り込み。そしてこの絵をシェアして面白がっているFB内の反日集団。
まったく現実を見ていませんね。

トランプ大統領は、世界最古の国家で5年に渡り安定して政権を維持している安倍首相を相当にリスペクトしていました。たとえ合衆国大統領であっても就任ほやほや、しかも政治家経験ゼロのご自分と「現在の」日本国総理大臣との関係を正しく理解し適切に振舞われたと思います。

安倍首相も、相手を見下したりも怯んだりせず、堂々と対等の立場で会談されていました。非の打ちどころがありません。そして、別荘への滞在、2つのコースをはしごしたゴルフ(しかも、プロゴルファーのアー二―・エルス氏も一緒にプレーしたらしいじゃないですか)、いずれも破格の待遇でしょう。

これに対し、民進党代表の蓮舫氏はゴルフしたことを批判、幹事長の野田元首相は「安倍総理は米国というジャイアンにもの言えぬスネ夫」だと。以前当日記において、当時の野田総理がTPPについて、日本はポール・マッカートニー、米国はジョン・レノン、二人のハーモニーが重要、とかくだらないことを言ったので、いったい何だろうこのお方は、と書いたことがあります。

この前歴があるので、今回のスネ夫発言をもってめでたく「大馬鹿」認定しましょう。

だいたい、アメリカはジャイアンではない。もちろんトランプ氏も。国際社会のジャイアンは中国であり、もの言えぬスネ夫は民進党・社民党、あなた方だ。尖閣諸島での中国漁船の体当り事件のとき、抗議もせず逆に海保を批判したのはどこのどいつだったか。

もう、どんどんこの流れで行って欲しいですね。
心配しなくても大丈夫です。残念ながら、何が何でも反自民・反保守・アベ政治を許さない層は、これ以上増えることはないものの、将来も必ずある一定の数を維持し続けます。従って民進党も消滅することはありません。
「ほぼ壊滅」くらいで勘弁してもらえますよ、おそらく。

そういう意味では、アサヒもマイニチも、わずかながら需要は残ることでしょう。残念ですが。

もう一人、そのマイニチ系の岸井某氏が、反日の誉れ高き「サンデーモーニング」で北朝鮮のミサイル発射を「日米会談への祝砲」と放言したらしいですね。

首相が訪米、大統領とゴルフした、さあ、いまこのタイミングでミサイル撃ってください、日本国内で安倍叩きの材料にしますから、とキタにお願いしているヤツらがいるのではないか、と勘繰りたくなります。

やはり、総理大臣はころころ替わってはいけないのですね。対外向けにも、国内的にも。日本の「敵」があぶり出されますもん。


[3239]   
ポップコーンの香ばしさ  −H29.2.13 (月)−

 

土曜日に遂に念願のコレを手に入れました。



仙台でしか売っていない。
仙台市民または仙台に通勤通学している者でしか買えない。
ヤフオクで見たら1万円を軽く超える価格で取引されている。
しかも仙台市以外では肝心のタバコが手に入らない・・・。
という「グロー」です!
うははは。^^;

中身はこんな感じ。



既にグロー本体にはカバーが付いていました。

そして吸う!



味はと言えば・・・
「これはこれで良いものだな。^^」という感じです。
私にしか分からないかも知れませんが、「ポップコーンの香ばしい匂い」がします。
うははは。^^;

そして、グローが届いた土曜の午前10時から、日曜の午後10時まで36時間、普通のたばこを吸わずにグローだけ吸っていましたが、特に「たばこを吸いたい」と思いませんでした。
さすがニコチンが入っているだけありますね。

ただ一つ問題が。
やっぱりJPSに比べるとかなり軽いので、本数が進む進む。
私は大体一日一箱のペースなのですが、グローの三箱はこの36時間ですべて吸ってしまいました。

セーブしながらでこれなので、下手すると1日二箱ペースになるやも知れない・・・。
一箱420円ですからね。
二箱で840円ともなると、唐揚げ弁当で換算すると毎日2個食べられる。

むーー。
しかし不思議と癖になる美味しさなんですよね・・・。
正直、私には普通の紙巻きたばこより美味しい気がします・・・。

という事で、しばらくグローを吸ってみます。
タバコも大量に手に入れましたから。^^



キツイ方のメンソールと普通タイプをたっぷり。

ちなみに、昨晩の10時過ぎに「やっぱりどうしてもニコチンをガツンと入れなくては!」とJPSに火を点けて吸ってみました。

凄いですよ。
たった36時間吸わなかっただけなのに、喉がイガイガして、変な味がして、二口吸って消しちゃいましたから。^^;

アイコス使用者に聞いた通りでした。
「電子タバコに慣れると普通のたばこが吸えなくなる」というのは。
まあ、それでも諦めずに2〜3本吸えば気にならなくなるとは思いますが。

ただ、
アイコスしかり
グローしかり
間違いなくこれからは「紙巻きたばこ」から電子タバコが主流になって行くと思います。

ただ、もう少しガツン!とタバコらしい味がのものが出ると嬉しいのですけどね。
1〜5mg程度らしいので、JPSの11mgに比べるとかなり軽いので、ちょっと物足りないです。^^;

と言うよりも、ブリティッシュ・アメリカン・タバコなので「JPS」を早く出して欲しいと思う次第であります。

ほら、メンソールを吸い過ぎると・・・ねぇ?
うははは^^


[3238]   
唇をかみしめて  −H29.2.10 (金)−

 

昨日のアノ方日記を読み、本日書店に入ったところ大統領になる前は数冊しかなかった「トランプ大統領」の本がズラーッと並んでいました。

自国ではないアメリカの大統領の本なのに、まるで自国のトップの様です。
日本の総理よりも、アメリカの大統領に日本人は興味深々という事なのでしょう。^^;

ここら辺を見ても「パクスアメリカーナ」であり、世界はアメリカをリーダーとしているというのが分かります。
ましてや日本人の今の感覚からすると、日本の総理は藩主様。
アメリカの大統領は将軍様。
というイメージなのかも知れませんね。

そのずらーっと並んでいる本。
「私はトランプ大統領だと予想していた」
「私はトランプ氏が大統領になるのを知っていた」
「私はトランプ大統領の生まれ変わりだ」(これは嘘)
と言った本が何冊かありました。

心の中で「本当かオイッ(笑)」と思ったものの、その中の本を一冊手にパラパラっと読みました。
目次を見ると、トランプ大統領と関係のない話がつらつらと。

ただその中に面白いなと思う話が一つ。
「何故マスコミはサヨクなのか」という様なタイトル。

サヨクはマスコミの中に入り込む作戦を取っている。
新聞記者、テレビ局などにサヨクを送り込み、そしてサヨクを操っている。
「だからマスコミはサヨクなのよ」、「偏向報道が当然なのよ」というお話。

それに対して保守勢力の方は、「マスコミけしからん!」、「マスコミは嘘ばかり言う!」と怒る。

サヨクはマスコミを操り
保守はマスコミを怒るだけ
「これではマスコミが偏向報道をして当たり前だ」という話。

なるほどなあ〜!と。
そりゃ、その報道を見て文句を言う人より、その報道を操る人の方が強いわなあ!と。
確かに文句を言うだけじゃ、中にいる人達の偏向報道は変わらないわなあ!と。

そこまで読んで、買おうかどうか迷いましたが、とりあえず買うのをやめて出てきました。
そして先ほど「やはり読んでおこう」と思い直しネットで注文しました。

タイトルは「マスコミが報じないトランプ台頭の秘密」。
表紙がマスコミが印象操作のためによく使う、トランプ大統領の醜い顔の写真でした。(笑)

届いたら感想書きますね。
多分、一時間掛からずに読めると思うので。(笑)




[3237]   
第52回アノ方日記  −H29.2.9 (木)−

 

はい。昨日、一昨日と日記更新をせず申し訳ありませんでした。
ちょっと所用で栃木県へ行っておりました。

で、、、、
いや〜本当、やっぱり誰もが目のつけ所は似たり寄ったりなんだなと。
タッチの差で良いものを逃してしまいました。
本当残念。
ですが、きっと次はもっと良い所が見つかる事でしょう。



急がば回れ
慌てる乞食は貰いが少ない
と言いますからね。
と、自分を慰めています。

もう一つ凄く良い所があったのですが、これがまたあなた・・・
条件が凄いのですよ。
その後の移動中の車中、新潟に帰って来てからも「いや〜!ありゃないよな〜!!」と呟いていた位です。

まあ、郷に入っては郷に従えなんですかね。
色々な土地に行くと本当面白いものです。^^

と、そんな事を思いつつ動き回っていたところに、アノ方から出張やら、帰郷後のてんやわんやを想定してか、またいつもの素晴らしいタイミンクで日記を頂きました。^^;

何やら私がいないのを見越してなのか、一昨日仕事で新潟に入られていたとの事・・・。
次回は新潟に来られた際は、またいつものお礼を兼ねてたっぷり飲ませて頂ければと思います。

では皆さまお待ちかねの「アノ方日記」です。
どうぞ!^^

・・・・・・・・・・

トランプ大統領、選挙戦中と就任前は「口は悪いし、相当偏屈だけど、大統領になったらがらりと豹変するのでは?」と思っていたのですが、日に日に暴走に拍車がかかっています。

イスラム7カ国から入国禁止の大統領令を無効にした判事に対して「何か起きたら判事と裁判制度を非難する」と、ついにそこまで言っちゃいましたね。

過激な政策には賛否が分かれるのは当然だし、善し悪しもあるでしょう。いえ、本当は正しいのかもしれません。しかし、それを否定されたら「何かあったらアイツのせいだ!」と公言する(ツイッターで)民主国家のトップは初めて見ました。

さらに、そのツイートの終わりは“Bad!”で締めています。捨て台詞か(笑)。日本語で言うと何でしょうね。「最悪だ!」でしょうか。「しょうもない!」かな。いや、「ダメだこりゃ」ですかね。

ご自分が正しいと信じているからこその公約で、これを実行することが正しい、と思って放つ大統領令なのだから、否定されたら「じゃあ俺はもう知らん!」という態度はよろしくない。その程度?とかダメ元でやってんじゃないの?という不信感をつのらせます。

もっと丁寧に、根気よく説明・説得するのが政治家の仕事でしょうけど。
以前どこかにこういう感じの政治家がいたような…。ああ、大阪の市長だったあの方…。スケールで凌駕しているかな、トランプさんが。

まったく先が読めない(先を読めるほど国際政治に精通していませんけど)この状況、どういう方向に進みますやら。そういえば、「終末時計」の針が進んだらしいですね。まだアレ、あったのですね。今回針が進んで終末まで2分前くらいになったのでしたっけ? 以前は何分前だったのでしょうか。5分くらいですか。長い5分でしたね。

もし終末を迎えるのだったら、5分前も2分前もほとんど大差ない気がしますけどね(そういう時計じゃないのでしょうけど)。

もう少し踏み込むと、あまり言っちゃいけないのでしょうが、難民問題はそもそも難民を発生させている国や地域に問題があるのであるはずなのに、そこはあまり触れられず、他国が受け容れる、受け容れないの問題ばかり強調されていますね。

当たり前ですが難民は、難民を発生させていない国に保護を求めます。そして受け容れた国の中では混乱とグローバル化が起こります。距離的に離れていたとしても、当事国の状況を否が応でも知らされることとなり、結果的に難民のもとになっている紛争、政治的・宗教的な局面に巻き込まれていくことでしょう。

こういうことを世界に広めたい、自分たちの為にそうしたいという勢力が、現実として存在していると喝破する学者さんがいらっしゃいますね。世界はナイーブな日本人には思いもつかないくらいドロドロしています。それに引き換え、日本の穏やかで平和なことと言ったら、サヨク勢力が騒ぐことの1000分の1くらいでしょうか(笑)。

トランプ大統領は、その勢力と、その勢力の為に協力してきたアメリカ社会に対し、待ったをかけているのだという見方。世界のごく一部の金融資本家たちが望むグローバリズムではなく、まず自国で先にすべきことがあるだろう(雇用とか)と。

その勢力がアメリカのメディアを支配している構図(故にハリウッドスターたちも反トランプ)に対し、日本同様メディアの偏向報道に惑わされなくなった米国民がトランプ氏を支持したそうです。

本当だったら面白いですね。日本もまだまだ大手TV局や新聞社が某国一派に牛耳られていて、さかんに反自民・反安倍首相で頑張っていますが、すでに多くの国民に正体がばれていることに気がつかないのでしょう。

いや、もともと日本人が洗脳されて某国寄りになったというよりは、支配しているのが某国人そのものらしいから、彼らがその社内からいなくならない限り、もはや変わることはないのでしょう。残念でした。


[3236]   みちびき215  −H29.2.6 (月)−

 

はい。昨日行って来ました自然科学館。
以前も書いたと思いますが、私本当大好きなんです「自然科学館」が。

学生の頃は初デートとなれば必ず行っていました。
そして毎回、毎回、出来立てホヤホヤの彼女そっちのけでワクワクしながら見て回る。(と見栄を張ってみる)
何度行っても飽きない聖地です。



昨日言って改めて思いましたが、今度は朝一で乗り込んで、すべての展示物を一つずつじっくりと眺め、確認し、理解をしてみたいです。
ただの説明でも、書いてある事を理解するのに時間が掛かるのですよ。

館内には友人の娘さんがバイトをしているレストランもあるので、食べるものにも困りませんしね。
のんびりと休憩できるソファもあちらこちらにあります。
水も飲み放題。

素晴らしいです。自然科学館。

という事で、昨日はただ単にいつも通り見て回るだけの筈が、掲示板にこんな告知を見ました。



人工衛星「みちびき」のカウントダウン。
私が死んだら「宇宙葬」にして貰いたい位に宇宙に行ってみたいです。
その宇宙へ行く衛星のカウントダウンがある!

これは参加せねばなるまい。

という事で、受付で「定員15名という事ですが、今からでも参加できますか?」と聞いてみたところ、「大丈夫ですよ」との答え。
「申し込みしたいのですが」と聞くと、「いや、そのまま講堂へ行って貰えば大丈夫です」との答え。

カウントダウンなのに???
定員15名なのに???
と思いながら、時間になったので講堂へ。

中へはいるとプロジェクターがあり、綺麗なお姉さん。



子供に「これから衛星が打ち上げられるんだよ!」
「その秒数をカウントダウンして行くんだよ!3、2、1、発射ーー!!!みたいに。^^」
とワクワクが止まらずに一番前の席で話していたら・・・

お姉さん困り顔。

お姉さん:「あの、、、お申込みをされた方ですか?^^;」
私:「いえ、さっき来て、参加したいと思い受付の人に頼んだら、申込みしてなくても良いと言われて来たのですがダメでしたか?^^;」

お姉さん:「いえいえ!まったく問題無いです!逆にありがたいです!^^;」
私:「(ありがたい???ん〜???)」

お姉さん:「でも今日は飛ばないんですよ」
お姉さん:「今年3基打ち上げる予定で、300秒前からカウントが始まるのですが、その際にJAXAのネットの番組で右下にカウントダウンの映像を流すのです。」

お姉さん:「各県で1か所ずつ選ばれて、新潟は自然科学館が選ばれたのです」
お姉さん:「今日は、そのカウントの215を録画するためにお集まり頂きました。^^;」

はい。
私の勘違いでした。orz
考えてみたら、ロケットを確実に飛ばすのが見られるイベントに定員があるのもおかしいですし、しかもその定員が15名って変ですものね・・・。

という事で、お姉さんから頂いたのがこちら



そしていざ撮影。
録音。

私から見たらこんな感じでした。



もーーーー張り裂けんばかりの大声で「にひゃくじゅうごーーー!!」と叫んでやりましたよ。ええ。



撮影された映像はこんな感じです。
私の満面の笑みと「215」(もしかしたら105か20)をご覧になりたい方は是非、ネット上に配信される予定の「みちびき」のカウントダウンをご覧ください。(笑)

ちなみにこの「みちびき」。
昨年、1基打ち上げられ、今年3基打ち上げられる予定です。

これで今はアメリカから借りているGPS衛星が、日本独自のGPS衛星になり、しかも今まで1基だったものが4基になるので、位置情報などはcm単位。
電波の届きにくい屋内などでもGPSが使える様になるとの事。

凄いですね。
cm単位と言ったら、もう「どの辺りにいるか?」ではなく、「どの部屋にいるか?」でもなく、「部屋のどこにするか?」まで分かる様になるという事ですから。

カラオケボックスで言ったら、何号室レベルでは無く、今どの位置に座っているか。
もしくは打ったている真っ最中か?
まで分かっちゃいます。

もう悪さが出来んなこりゃ・・・。
私はもしたかしたら自分の首を絞めるカウントダウンをしたのやも知れません・・・・。

うははは^^


【おまけ】
それにしても今飛んでいるアメリカのGPS衛星。
何基あるのか分かりませんが、4基でcmでの特定という事になると、まあ1〜2基でしょう。
その1〜2基で、日本人が持っているスマホ、車のすべてに対応しているって。
借り物のなのに凄いですよね。

範馬勇次郎が速足以上で歩くと、車のGPSが狂うというのも分かりますよ。ええ。

ちなみに私の予想では、日本上空に固定されているアメリカのGPS衛星に、日本が敵になった場合のためのミサイルが積み込まれている筈ですよ。
普通の衛星に見せかけておいて、実は軍事衛星という・・・。
うははは。^^いや、多分本当。

それにしても「みちびき」が宇宙空間で展開するところを見ましたが、よくもまああんな凄いものを作れるものですよね。
しかも宇宙にいても電波が届くって。

実は電波が一番凄いのかも知れません。


[3235]   レガシー  −H29.2.3 (金)−

 

はい。昨日もたっぷりと飲ませて頂きました。
もう周りから白い目で見られる位にしゃべりまくり・・・。
そして二次会まで行っちゃいましたからね。
何だかオシャレな感じのお店に、スリーピースのスーツとゴム長靴で。

夏は草履
冬はゴム長

これが私のスタイルです。

そう言えば、やはり仲間内だからなのか、初めて沢山の方に「おっ!髭生やしたね!!」と突っ込んで貰いました。
そして「端っこの部分を整えた方が良い」とアドバイスまで貰いました。

後は私が「髭は楽だと思ったら滅茶苦茶手間が掛かるのですよ。もう剃ろうかと思っています。^^;」と言ったところ、「いやいや凄く似合っていますよ!!」と下を向きながら吐き捨てられる様に言われたのが良い思い出です。
※私の被害妄想が入っています。うはは。^^

そして、これは秘密なのですが、絶対にばれたらマズイのですが、実は昨日は初参加の方が3名来られたのです。
なので「あきんど倶楽部」では珍しい名刺交換をしちゃったりなんかして。

名前を忘れない様にテーブルの下に名刺を置いて、最初は名前を確認しながら話しておりました。
でも酔っ払いですよ。
声は大きくなるわ。
人の会話に茶々を入れるわ。
日本酒をグイグイ飲むわ。

はい。。。
先ほど名刺入れを見て気付きました。

名刺置いたまま返って来ちゃいました。orz

本当、内緒ですよ。
本当の本当に。
社会人として、経営者としてあるまじき失態ですから・・・。

ただ有難い事にお一人からはFBの友達申請。
もう一方からはメールを頂戴しました。
これで名前とご職業はばっちりです。

そう言えば、こんなどうでも良い話よりもっと重要な事が!!
あきんど倶楽部は、新潟市がやっていた経営者や起業しようという人を集めた「新潟若手あきんど塾」というものが前身です。

3年で卒業。
その同じ時期に被った卒業生で作るのが「あきんど倶楽部」であったり、「あきんどの会」であったりします。
私がそこに参加したのは創業間もない28歳位の頃。
そして卒業をした講義なんかもしちゃったりしました。

そして現役当時はまだ勤め人であった方が、その後少しして起業されたのですが、何と今回の参加者の目的は「その経営者にお会いしたい!」でした。

「会ってみたい」と言われるのは素晴らしいですね。
その方は
にいがた三昧の五十嵐社長
何やら新潟で一番センスの良いHPを作ると評判の会社との事。^^

ちなみにこの繁盛屋のHP。
五十嵐社長が創業当初に作ったものです。
どうです?センス抜群ですよね。

繁盛屋ですからね。
私が一切イメージしていなかった招き猫や小判がありますから。。。(笑)
五十嵐社長曰く「繁盛屋とスピークアップさんのHPはレガシーです(笑)」との事でした。

あれ?
今調べてみたら「レガシー」とは
1 遺産。先人の遺物。
2 時代遅れのもの。「レガシーシステム」
だそうです。

1ならば良いのですが・・・

うはははは^^

まあ、繁盛屋のHPは一週間もあれば簡単に変更できのですけどね。
自分達で作れるので。
でも不思議とこの「レガシーさ」が良いのか、HPからのお問合せをよく頂きます。
やっぱりレガシーなんだな。きっと。(笑)


[3234]   
秘密倶楽部へ  −H29.2.2 (木)−

 

はい。一晩空けて本日は秘密倶楽部の会合です。
今回はいつものメンバーに数名新しい人が来られるとか。
新年会だからなのか、いつもの固定メンバーに人が加わるのは嬉しいものです。
今日は(も)節度を守って飲みます。はい。

さて、ロックフェラー本。
とても面白いです。
本当かどうか分かりませんが、あのロックフェラーが経済的に苦しい時があったとか・・・。

ただ、面白いのですが、読んでいる途中にデール・カーネギーの本が2冊届きました。
あのダウンロードした「悩まず進め」と、「人を動かす」の文庫本。

ちなみに「悩まず進め」で探していた本。
本のタイトルは「道は開ける」でした。
何で本のタイトルとCDとダウンロード版のタイトルが違うのか謎です。

まあ、どちらもパパッと読めそうな感じです。
物語とは違い、事例が並べられている本なので想像する必要がありません。

ロックフェラーはじっくり読みたい。
カーネギーはパパッと読みたい。
という事で、カーネギーから読む事にしました。



出来れば1日お店番をして、読みたいところなのですけどね〜。
来月になったらそんな時間が取れるのではないかと思うので楽しみにしておきます。
まあ、その前に読み終えちゃうかも知れませんけど。

そう言えば今朝、「この本面白い」と身内に伝えたところ、「それ昔読んだ。カーネギーホールを作った人でしょ?」と言われました。
「そうなのか!本が売れただけでそんな金持ちになったのか。でも本の感じからすると何かおかしいなあ・・・」と調べてみたら、

カーネギーホールを作ったのは大富豪の「アンドリュー・カーネギー」
本を書いたのは「デール・カーネギー」でした。

ウィキペディアにはデール・カーネギーが成功した秘訣は「アンドリュー・カーネギーと同じ綴りに改名したからだ」なんて書かれていました。(笑)

アメリカ人も「あのカーネギーホールのカーネギーの一族だな」と思ったのでしょうね。
上手いマーケティングの方法で面白いです。^^

私も何か名前付けますかね。
近藤・山崎・毅みたいな。
きっとパン屋さんの一族だと思って貰え・・・るか?


[3233]   
ありがとうございました^^  −H29.2.1 (水)−

 

いや〜昨日は楽しかったです。
本当、気持ち良く飲ませて頂きました。
しかも料理も美味しい。^^



ただ・・・気になった点が一つ。
何と、創業3年から毎年「会社の誕生日」という事で記念会をやられていたとの事。orz

「何故10年間呼んで頂けなかったのか・・・。もう会社のただの飲み会でもボーリング大会でも、呼んで頂ければいつでも駆けつけるのに!!次回からは絶対に呼んで下さい!!」とお願いして来ました。
うははは^^

本当、参加させて頂きとても気持ち良く過ごさせて頂きました。
社員の方々が率先してお客様に心からのおもてなしをされていて。^^

そして、もう一つ嬉しい話が。
会社の懸案事項であった件がもしかしたら何とかなるかも!!
人の繋がりというのは本当有難いものです。^^



【おまけ】
ハウスパートナーさんの10年史も面白かったです。



繁盛屋の20周年には私も作るとします。(笑)

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com