メニュー

2018年7月
2018年6月
2018年5月
2018年4月
2018年3月
2018年2月
2018年1月
2017年12月
2017年11月
2017年10月
2017年9月
2017年8月
2017年7月
2017年6月
2017年5月
2017年4月
2017年3月
2017年2月
2017年1月
2016年12月
2016年11月
2016年10月
2016年9月
2016年8月
2016年7月
2016年6月
2016年5月
2016年4月
2016年3月
2016年2月
2016年1月
2015年12月
2015年11月
2015年10月
2015年9月
2015年8月
2015年7月
2015年6月
2015年5月
2015年4月
2015年3月
2015年2月
2015年1月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年9月
2014年8月
2014年7月
2014年6月
2014年5月
2014年4月
2014年3月
2014年2月
2014年1月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2012年3月
2012年2月
2012年1月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年9月
2011年8月
2011年7月
2011年6月
2011年5月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
2009年2月
2009年1月
2008年12月
2008年11月
2008年10月
2008年9月
2008年8月
2008年7月
2008年6月
2008年5月
2008年4月
2008年3月
2008年2月
2008年1月
2007年12月
2007年11月
2007年10月
2007年9月
2007年8月
2007年7月
2007年6月
2007年5月
2007年4月
2007年3月
2007年2月
2007年1月
2006年12月
2006年11月
2006年10月
2006年9月
2006年8月
2006年7月
2006年6月
2006年5月
2006年4月
2006年3月
2006年2月
2006年1月
2005年12月
2005年11月
2005年10月
2005年9月
2005年8月
2005年7月
2005年6月
2005年5月
2005年4月
2005年3月
2005年2月
2005年1月
2004年12月
2004年11月
2004年10月
2004年9月
2004年8月
2004年7月
2004年6月
2004年5月
2004年4月
2004年3月
2004年2月
2004年1月
2003年12月
2003年11月
2003年10月
2003年9月
2003年8月
2003年7月
2003年6月


[3473]   今度のがNo.1だろ  −H30.3.30 (金)−


今朝車に乗り込もうとした瞬間、ぎっくり腰。
今まで何度もありますが、頭の中に「THE HIGH-LOWS」の「No.1」が鳴り響いております。

「No.1」はコチラ

立てません。寝返りうてません。股を開こうするだけで激痛が走ります。

しかし本当、人間の進化の仕方が間違っていたと思うのですよね。
「もう少し腰を丈夫に」というか、何かもう一つ二つ支える骨を付けるなり、腕の筋肉並みに強靭なものが付くようにするなりして良かったのではないかと。

と、何の意味もない八つ当たりが頭に浮かぶほど痛いです。
でも、、、男は我慢!!!
きっと私の人生が終えるいまわの際に「あの時は腰が痛かったなあ・・・ガクッ」となる、良い思い出となる事でしょう。



2本の杖を両手に携え、今日も仕事という戦場で闘っております。
歩く際には今度は「二匹のマシンガン」が頭に響き渡っています。


[3472]   頑張れ日本!  −H30.3.29 (木)−


友人のブログでいつも更新を楽しみにしていものがあります。
そこにまた良い事・・・というか、考えさせられる事が書いてありました。

本日は私の拙い日記ではなく下記ブログを是非お読みください。
ちなみに私はちょっと残念な気持ちになりました。^^;

三部作なので、是非上から順に読んでみて下さい。^^
※青い文字をクリックすると開きます。

1,「人生トータルでは、 プラス・マイナスゼロ。自分の実力通りになる。」

2,「権利と義務について」

3,「働くことは、生きることである。親の影響。」

お読み頂けたのであれば、次は是非ともじっくりと噛みしめてみて下さい。

子供がいるならば親としてどうか。
子供がいないならば親になった時に子供にどう教えるか。
を。









本当。。。。
どうしちゃたのですかね?日本は。
口を開けば
「働くな」
「働かせるな」
「少しでも嫌な事はさせるな」
「労働者様のご機嫌を損ねさせるな」
「でも、社会保険料や雇用保険は会社が負担してね♪」
ですからね。

終いには
「そんな人(または私)を雇ったアンタが悪い」ですから・・・。

いないんじゃーーーーーーい!!!
お前らが甘やかすから、童達が勘違いしているんじゃーーーー!!!
そして指導したら「パワハラ」だの「労働者の権利」だのと騒ぐ。

蟹工船か?
蟹工船なのか?
今の日本は?

経営者は資本家か?
仕事もせずに金だけ出して、労働者から搾取しているのか???

世の中の中小企業の社長は社員の何倍も仕事しているよ。
そりゃあ世の中にはゴルフ三昧やら、毎晩飲み歩いている人もいるかも知れないけど、殆どの社長さんは時間も気にせず、休みも気にせず、仕事に一所懸命だよ。

えっ?
当然じゃないか?
自分の会社だもの???

そう言うならば、社員だって自分の会社じゃないの?
何?
時間潰していれば、文句を言っていれば、ワガママを言っていれば、仕事のルールを破っても、寝ていても給料貰えるの?
出るの?
そんなので給料が出るの?

どんな楽園じゃーーーーーい!!!!

本当、私は日本が大好きですし、世界から見て今でも規律正しく、そして親切な国民性だと思っています。
でも最近ちょっと思います。

外国から「仕事」に真剣に取り組む必死な研修生を入れた方がよっぽど良いのではないかと。
「勤勉」なんて言葉はもう日本人には相応しく無くなりつつあるのではないかと。
というよりも、国自体が「勤勉」、「働く」を無くしてしまおうとしているとしか思えないよと。

人が何時間働こうと良いじゃない。
働きたいのだもの。
何故、止める。
何故、邪魔する。
何故、働かせてくれない。

まあ理由は分かっているのですけどね。
文句ばかりで働かない。働きたくない怠け者が、周りが働いていると浮いてしまうからですよね。
可哀想ですものね。
働かないでいる人が。
白い目で見られちゃいますから。

良いですか?
何でもそうですが、、、
「下のレベルに合わせる = 全体のレベルが下がる」
「上のレベルに合わせる = 全体のレベルが上がる」
ですからね。

下のレベルに合わせてどないする気じゃーーーーい!!!!

ちなみに私の予想ですが、こんな国の方針を続けていると社員制度がなくなりますよ。
会社が教育も、責任も放棄せざるを得なくなりますから。

全て「業務委託契約」になります。
日本国民の公務員以外は全員「自営業者」ですよ。
ケガをしようが、病気をしようが、誰も助けてくれません。
すべて自己責任。
誰も守ってくれません。
お金だって毎月必ず手に入れられるか分からないよ。
良い仕事が出来なかったら契約切られちゃうよ。
すべて自分の実力次第だよ。
良いの?それで良いの?本当にそれで安心して暮らして行けるの???
となるでしょう。。。

本当、AIが発達して、国外から勤勉な労働者がやって来たら、権利しか主張せず仕事もやる気がない日本人なんて全員首だよ。
働く場所ないよ。
単純労働であればあるほど、人である必要も日本人である必要もないからね。

働こう。
ねっ、真面目に働こう。
一所懸命働いた方が良いよ。

会社は親じゃないんだよ。
社員は親のすねをかじる子供じゃないんだよ。
いくらわがままを言っても良い、親と子供の関係じゃないんだよ。

知ってる?
会社って「法人」という、法律で出来ている「人」なんだよ。
「人」だけど自分一人では何も出来ない赤ちゃんなんだよ。
その会社にいる人、社長を始めとして社員全員が「親」になって、その赤ちゃんを育てて行かなくちゃ、赤ちゃん死んじゃうよ。
会社無くなっちゃうよ。
働く場所なくなっちゃうよ。
給料貰えないよ。
生活できないよ。
生きていけなくなるよ。

頑張ろう。
ねっ、頑張ろう。
一所懸命、頑張ろう。
頑張らないより、頑張った方が絶対に良いから。
絶対に楽しいし、幸せになれるから。

頑張ろう日本!
頑張ろう日本人!!


[3471]   断捨離 2  −H30.3.28 (水)−


本日は3月21日で営業を終了した「Hakoniwa」の片付けをちょっとしました。
片付けをしていて、「これどこに使えば良いんだ!?」という様な物が多々・・・。

・ストロボ
・照明器具
・黒いシャンデリア
・豪華な椅子
・クラシックな棚
・模造刀が7口
・ぼんぼり
などなど。。。

まあ刀は私の車に積んで、出入りの際に使えば良いのですし、黒いシャンデリアは事務所のメイン照明にすれば良いですし、豪華な椅子については私の仕事用の椅子に使えば良いのですが・・・。
うははははは^^

もちろん冗談ですよ。^^;
本当にやったら、別の稼業の事務所みたいになってしまいますから。
うはは。^^;

さて、そんな中でひと際どうしましょう?というものがコチラ。



「ドラムセット」です。
※スピーカーは除く。



どうでしょう?
お子さんの情操教育、音楽の才能を開花させるのに使ってみるのは?
人生はリズム感が大事です。
何事もリズムですから。

見て下さい。
天性のリズム感を持つというアフリカの方々を。
毎日とても楽しそうに笑っているじゃあありませんか!!!
いや、イメージですけど・・・。

「我が家にドラムセットがやって来た!!」
なんて、80年代ならばトレンディードラマの一つになってもおかしくないですよ!
いや、おかしいか。

まあ、どうですか?
もしどなたかドラムを叩きたい。
オイラはドラマー♪ヤクザなドラマー♪と叩いて、嵐を呼んじゃって下さい。
恋の憂さも吹っ飛びますよ。

という事で、欲しい方がいらっしゃいましたらお声がけ下さい。
近場であればお届け致しますよ。
いや、本当に。^^

では「今日からドラマー!」「ドラム王に俺は(私は)なる!!」という方はお気軽にご連絡ください。
メールでも、電話でも、何でもOKです。

【おまけ】


フランスベッド(日本製)のダブルベッドのマットもございます。
少し寝てみましたがスプリングはしっかりしています。
「これさえあれば、あの2か月半の車中泊がどれだけ楽だったか・・・」と思いましたね。はい。

という事で、鏡が欲しい。
プロが使うストロボが欲しい。
撮影用のスパイラルの蛍光灯が欲しい。
という方がいらっしゃいましたらお声がけ下さい。

そう言えばソファもありました。
2〜3人掛けのやつです。
こちらももしでしたらどうぞ。^^


[3470]   断捨離  −H30.3.27 (火)−


子供の頃は世の中が分からない事だらけでした。
そして大人になってから、つくづく思いますね。
もっと分からなくなった。orz
と。。。

本当、歳を重ねれば重ねるだけ分からない事が増えて行きます。
訳が分からん!!!と、大声を出せれば楽なのですが、まあ私も初老の紳士ですからね。
「世の中は分からない事が多くて面白いなあ^^」と縁側から鹿威しの音を聞きつつ、番茶を飲む次第であります。

ただ一つだけ分かりました。
というよりも、恐らくこれが真理というか、そうやって行った方が簡単だろうという事が。

あれです。
執着心を無くす。
です。

ついつい「もう少し・・・」や「何とか・・・」と思っちゃいますが、そこはもうキッパリとバッサリと断捨離です。
「こだわり」や「信念」は一つ二つ、絶対に譲れないもの。
人生の指針となるものがあれば、それ以外は放っておいて良いのではないかと。

そんな事を本日、昼食を取ったお店から出て来て車に乗り込んで気付いた「フロントガラスの割れ」を見て思った次第です。
いや、全然記憶に無いのに1cmくらいの欠けとヒビが入っていたのですよ。

朝の出勤時には無かった筈なんですけどね。
昼食を取るために移動していた時もなかった筈なんですけどね。
隕石かなあ・・・。
うははは^^

まあ、そこで
1,ガラスリペアショップに持って行くか
2,自分でキットを買って修理するか
3,誰かに追突された際についでに保険で直すか
4,アロンアルファを注入するか
5,見なかった事にするか
と考えました。

車をピカピカにして、傷一つでも許さない。
というこだわりがあれば、ここは2万円近くを掛けて修理するのも有りですが、今回は生まれて初めて補修キット(2,480円)を購入して修理してみた次第です。

で、説明文を読んでも知識がないのでちんぷんかんぷん。
がしかし、それならば本当書いてある通りにやれば良い。と決めてその通りにやりました。



すると何という事でしょう!
本当、簡単でした。^^;

まあちょっと失敗して10回は圧を掛けろというところ、1回だけで終わってしまいましたが、それでもまあ大丈夫。
たぶん。
何せプロが補修の時に使っているのと同じものですからね。
「完璧」を目指さないのであれば、十分です。



ただ、今回で私はこのガラス補修システムを理解しました。
これでいつでも飛び石の補修が可能です。
もし皆様でフロントガラスの補修をしたい方はお声がけ下さい。
シート貼りよりは簡単なので、そこそこ上手くやれますね。
ええ。

本当、こだわる事、譲れない事は人生に1つ2つで十分です。
変なものに引っ掛かり続ける位ならば、さっさと忘れて次に行った方がよっぽど前に進めますからね。



という事で、フロントガラスの完全な状態にこだわりのない方はお声がけ下さい。
うははは^^


[3469]   疲れたよわしゃあ  −H30.3.26 (月)−


いや〜〜〜〜〜!!!!
疲れました!!!!^^;

先週末の友人の結婚披露パーティー。
2月から何度か打合せをし、事前にタイムスケジュールや備品・担当リストを作り、大きな席表を作り、ネームプレートを作る。

当日はインカムを付けて走り回る。
受付担当。
チェキにて来賓の写真撮影。
チェキへのメッセージ記入の案内。

余興の準備と余興の出演者の方へのご挨拶。
余興(くじ引き)の司会のアシスタント。
余興の動画撮影。

そして二次会へのご案内と披露宴パーティー会場の片付け。
清算。
二次会での集金と清算。

もうあれですよ。
そこそこお酒が好きな私がビール3本くらいしか飲めませんでしたからね。
二次会の会場ではぐったりしていましたからね。
でも三次会にも強力なお誘いを頂き参加して来ましたからね。
もう最後はヘロヘロの限界を超えていましたからね。

本当、仕事以上に走り回り、気を使いました。
結婚式場のスタッフの方々には頭が下がりますな。。。

何せ二日経った今でも体力と精神力が戻ってきておりません。
歳なのか、はたまた他に何かあるのか・・・。
うはははは。^^

しかしその疲れ以上に目出度い!!!
本当おめでとうございます!!!^^




[3468]   明日は忙し  −H30.3.22 (木)−


明日は友人の結婚披露パーティーです。
一応、副幹事をしているので恐らく夕方には現地入りの予定。
そのため明日の日記はお休みです。
宜しくお願い致します。^^;

それにしても目出度い話が続きます。
今年のお盆には姪が結婚するとの事。
果たして私の上の二人の息子はいつになる事やら・・・。

まあ、この歳ですから「おじいちゃん」と呼ばれるのはまだ抵抗はありますが。
でも友人はもう4歳の孫がいますからね。
これまた目出度い話です。

さて、目出度くないのが「森友の難癖話」。
あまりにも鬱陶しいので、今朝から見るテレビを変えました。
テレビ朝日から日本テレビへ。
でも日本テレビは朝っぱらからバラエティ番組みたいで、全然面白くないんですよね・・・。

本当、いい加減やめて欲しいものです。
というか、放送する価値がないですよね?

「アノ方日記」を読んで少し内容を知り、その後はネットどで色々な情報を得ましたが、安倍総理にも麻生大臣にも何も問題ないのに「お前のせいだ!」と騒ぎ、そして「支持率が下がっているぜ!イャッホゥー!!!」とバカ騒ぎ。

本当、偏向報道どころか、悪意ある捏造報道、悪意ある印象操作、悪意ある世論誘導ですから。

と、思っていたらさすがに国民の冷めた目に気づいたのか、最近ではテレビ朝日自らがこんな報道をし始めたという・・・。

森友文書問題、小松靖アナの冷静な分析にネットで反響

朝日新聞・上丸洋一「やっぱり夫人は籠池に利用された被害者かも…」森友で1年以上騒ぎ続けてようやく昭恵夫人が被害者であることに気付く

どうしちゃったのでしょう?(笑)
そろそろ「火のない所に煙を立て」て、見苦しく騒いでいる野党を切り捨てに入ったのでしょうか?(笑)

まあ、安倍憎し。
麻生憎し。
憲法改正潰し。
それさえ可能なら何でも良い。
自民党内でも反安倍なら何でも良い。
というスタンスなので、次はまた何かネタを無理やり作って大騒ぎするのでしょうけどね。

大体、裁量労働制の次は高度キャリアなんたらだ!と言っていたのに、どうなっちゃったのですかね?

裁量労働制を取り下げたら、向ける矛先が無くなって森友を引っ張りだしましたが、きっとまたこれも事実無根がはっきりしたら、何ごともなかった様にイチャモンを付けだすのでしょう。

本当、不平不満や反対意見だけ言っているのは凄く楽ですからね。
文句を言うと不思議と、自分だけが「何でも分かっている」、「自分だけが真実を分かっている」「自分は正しい」と思う様になります。

それは凄く凄く大きな誤解なのですが、それに気付いているのか、気付いていないのか不明ですが、不平不満・文句を言い続ける朝日系統の人達。

そんな文句や不平不満の人達にはこの言葉を差し上げます。

「暗いと不平を言うよりも、進んで明かりを点けましょう」

代案のない反対は、ただのイチャモンであり、見苦しいだけですから、是非とも少しは自分の頭を使って物事を考えて欲しいものです。
前向きな思考を自分が出来る様になれば、より良い思考が湧いて来る筈ですから。^^
いや本当よ。これ。


[3467]   虚のみ  −H30.3.20 (火)−


「大山倍達正伝」をほぼ読み終えました。
ダメですね。
どうも第二部の著者も書き方が変なので、ネットで調べてみたら、もっとダメで読む気がなくなってしまいました。

しかし何でなのですかね?
この手の格闘技やプロレス、武道の本を書く人達のうさん臭さは。
何と言うか朝日や毎日系統と同じ、「下劣」な臭いしかしない。

もうやめます。
この手の本を読むのは。
本当時間の無駄でした。^^;

不思議と、この手の本はどれを読んでもほぼ同じ書き方なのですよ。
まずは自分の自慢話。
そしてどれだけ自分が大物と親しいかを虚実交えるどころか、ほぼ虚だけで書く。

その後ろに「ご機嫌取り」が見え見えだったり、または「悪意」が見え見えだったり。

私この手のタイプが凄く苦手になんです・・・。><;
自分を大きく見せようと嘘八百を並べ立てるタイプが。
そしてその時々でコロコロと話が変わるタイプ。
天然の詐欺師タイプです。

今まで読んだ中で違ったのは、「木村雅彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」くらいです。
それ以外はみんな鼻につくものばかり。

まあもう諦めて、男色がメイン話みたいになってしまっている「ギリシア人の物語」に戻るとします。
アテネの若き英雄が、ソクラテスに恋をしてヤキモチを焼きまくる話で止まっていました。^^;

しかし本当、ダメですよね。
レベルの低い本を出版しては。
本当、下劣です。


[3466]   語られざる歴史  −H30.3.19 (月)−


何故か読みたくなって、久しぶりに「空手バカ一代」を読みました。
しかし子供の頃に読んだのと違い、今の時代はすぐにネットで調べられる。

有明省吾が誰なのか?や、
由利辰郎のモデルは誰だったのか?や、
ケンカ十段って本当?などなど。

そしてネットでチョコチョコと調べていたら面白そうな本を見つけました。



大山倍達が韓国人だというのは知っていました。
力道山も韓国人でしたしね。

で、読み始めて今200Pほどなのですが、、、
まあ〜〜〜戦後の日本の朝鮮人の話ばかり。
大暴れですよ。

第一部の筆者が戦前と戦後について書いています。
ちょっと歴史認識の浅いところがある気がしますが、かなり平面な物の見方をされている気がします。

そして専門書でもない限り「戦前・敗戦後の朝鮮の人達の活動・行動」をここまで細かく書いたものはないのではないでしょうね。

読んでいる途中で何度か「あれ???これ大山倍達の話だよな?」、「この著者は大山倍達を題材にした振りをして、戦後の朝鮮人について書きたかっただけじゃない???」と思うほど、細かい。細かい。
大山倍達そっちのけで書いてますから。。。

ただ、読み応えはあります。
何となくしか知らなかった話が「なるほどな〜」と理解できる様になりました。
まあ、あまり気持ちの良い話では無いですけど。。。

まだ三分の一しか読んでいないのですか、
大山倍達は10分の1くらいしか話が出てきませんが、
きっとこの後は主役として描かれるだろう・・・
と信じて読むとします。
※面白いは面白いのですよ。

それにしても、絶対にこの第一部の著者。
大山倍達よりも日本における朝鮮人の歴史を書きたかっただけな気がしますね。
大山倍達の話になると、殆ど第二部の著者に丸投げですから。
「ここでは詳細を省く。第二部の○章を参照」ばかりで。。。。

もう少し大山倍達の人間的魅力を表してくれても良い気がするのですけどね。^^;


[3465]   タダほど高いものはない  −H30.3.16 (金)−


いや〜昨日のアノ方日記を読んだら、今朝のテレビ朝日の喜々とした森友問題の放送が余計に頭に来るようになりました。
そして何だか慌てているのか、感極まっているのか不明な息せき切った早口で話す女性のコメンテーターの姿がまた・・・。

マスコミは本当「報道しない自由」と「偏向報道する自由」を駆使していますねぇ。。。
そっちの方がよっぽど問題なのではないですかね???

さて、問題と言えば・・・
昨日の午前中に事務所に一本の電話を頂きました。
繁盛屋の広告を見て電話をされたとの事。

そしてお話をお聞きしてみると、どうやらスマホやタブレットなどの通信機器についてと、ツイッターやFacebookなどのSNSについての設定についてのご相談でした。
「HP製作」の文字を見て恐らく電話をされたのでしょう。

「いや、それはうちの仕事ではないですね。^^;」とお断りをしようかと思ったのですが、かなりお困りだった様子なので「設定するくらいならば・・・」と時間を作り、お伺いして参りました。

感覚としては母にiPhoneの設定をする様な感じ。

で、今回行って、お話をお聞きしましたら、
スマホ(アンドロイド):1台
タブレット:3台(一台は使用していない)
という豪華ラインナップ・・・。

ちなみにお一人でご利用されており、「FBを見るならタブレットがお勧め」、「Twitterを見るならスマホがお勧め」、「光回線を契約したらタブレットを一台タダで使える」と言われて契約されたそうです。

そして契約内容を見させて頂いてつくづく思いましたね。
本当、通信会社(ソフトバンク、au、ドコモ)は酷いです。
相手がお年寄りで理解が出来ていないのを狙って必要のない契約をガンガンと結ばせる。

料金の掛かるアプリやサービスを理解させぬままインストールしたり、契約したりしている。

凄いのですよ。
スマホとタブレットのどちらも一人が使い、しかもタブレットを持ち歩く時はスマホも持って行くというのに、これどちらも別々の回線契約していましたからね。

しかも各回線毎にパケット通信の契約が結ばれているのならばいざ知らず、シェアプラン(スマホとタブレットを合わせた、どちらで利用しても同じ)を結んでいる。
このため、まったく必要のない料金が毎月8000円掛かっている。

※テザリングを知らないお客には通用しますが、テザリング(スマホの通信回線を利用してタブレットのネットを見る)を知っていたらタブレットの契約なんて必要ありません。

という事で、契約しているキャリアに行って「タブレットの回線契約を解約します」と言って、「先日貰った、もう一台のタブレットには料金が掛かっていないのか?」を確認して来ると良いですよ。
とお伝えしました。

がしかし、恐らくそうは言っても実際にショップに行ったら、また口八丁で丸め込まれる可能性が高い。
何せ相手はプロですからね。
オレオレ詐欺レベルの。

そして、その後のスマホ1台になったとしても、テザリングの設定なども出来ないだろうと思いまして一緒にショップへ行く事になりました。^^;

4月に入ったら、ついでにアンドロイド携帯をiPhoneに変えたいというので、その機種変更も一緒に。
タブレットもスマホも契約月が二年前の3月だったので解約金も掛かりませんし。

それにしてもダメですよね。
「便利ですよ〜♪」
「タダですよ〜♪」
と言って、内容も分からぬまま契約させては。

本当、タダほど高いものはないですからね。

それにしても、この方はたまたま繁盛屋の広告でご縁が出来たのでお手伝い出来て、無事翌月以降は支払いが1万円近く下がる様になりますが、きっと何だか分からないまま引き落としされている人は日本中に凄く沢山いるのでしょうね。

先日までの私のiPadの様に・・・。


[3464]   第67回アノ方日記  −H30.3.15 (木)−


お客さまのご相談に乗っていたり、社員からの緊急の連絡が入ったり、私のPCの残りの容量が何もしていないのにみるみる減って残り30GBを切ったり、24番のパスタで腹痛に苦しんでいましたら、大騒ぎの私の姿を見ているかの様にアノ方より日記を頂戴しました。^^

本当、いつも感謝感謝です。
そして今回は私がまったく興味が無いためさっぱり分からないアノ問題を題材に書いて頂きました。
是非皆さまも私と一緒に勉強してください。

いや、知らないのは私だけかも知れませんが・・・。
うははは。^^;

・・・・・・・・・・

どんなに旗色が悪かろうが、野党やマスコミの主張には共感しない。これだけが日本という国を壊さない、最適な態度だと思っております。
従いまして、ご異論が出ることは重々承知で書いてしまいます。

森友学園問題は、安倍昭恵首相夫人が諸悪の根源のように言われていますが、違います。
根源は籠池氏です。
籠池氏が自分のビジネス(と言っていいのかどうか)を成功させんがために首相夫人を取り込んで数々のパフォーマンスを展開した、その結果がこれです。
現在彼は補助金詐欺の容疑で拘留中です。

残念ながら昭恵氏には人を見る目がなかった。
この人ちょっと胡散臭いのでは、と感じ取るアンテナが低かった。
ファーストレディーとしては本当にお粗末。
その部分で道義的な責任はありそうです。
しかし、首相を含めて有名税的被害者、とも言えます。

まず、改竄、書き直される前の文書ですが、これは籠池氏と近財局との交渉過程が記載されているもの。
政治家や昭恵氏及び関係者から「森友学園に値引いて売ってやれ」という圧力が“直接担当である近財局の私”にあった、というものではありません。
文章に出てくる具体的個人名は、すべて籠池氏が「○○さんがその時こう言った」とか「○○さんとは旧知の仲である」と話したことの記録、です。

削除されたカ所に、「いい話ですから進めてください」と昭恵氏から話があった、というくだりがありますが、これも近財局担当者に昭恵氏が話してきたのではなく、昭恵氏がこう話していましたよ、と籠池氏が交渉中に発言した、ということです。
どうもマスコミや野党は、あえて分かりづらく、さも前者であるようにぼかしている気がします。

そもそも、政治家が直に官僚に圧力をかけてきたとして、これを正直に決裁文書に載せるような、間抜けな官僚はいないと断言します。
そんな話はオフレコに決まっていますから。

これに対し、交渉相手が政治家個人名を出して揺さぶってきたとすれば、交渉の過程の記録として確実に記載することでしょう。
取引成立の根拠を明示したいから。
ゆえにこの手の人間は、裏さえ取られなければ「言ったもん勝ち」と、利用できそうなあらゆるネタを駆使してきます。

上手いことにこの件については、事前に昭恵氏を名誉校長(情けない…)で縛りをかけていましたから、信憑性は高まりますね。
そして土地の価格の値引き交渉中に昭恵氏にこうお願いすればいいのです。
「土地売却の件は局内で進んでいますか?」くらいの話で聞いていただけませんか、と(昭恵氏お付きの役人が問合せした、という事実はあったようです)。

値引きしてやってください、などという直截な圧力ではなく、上記のような柔らかい問合せでも、担当者には効果絶大です。
「おいおい、問合せ来ちゃったよ〜、どうする?」とね。

しかし、この問題が国会で議論され始めると、どうも籠池氏の話は怪しい。
首相はじめ名前の挙がった人は無関係とまでは言えないにしても、どうやら我々は籠池氏に担がれてしまっていたようだ、と近財局は焦り出した。
ならば危なそうな文書は消してしまわないと後日「いいように騙されやがって!」と責任を追及されるかも。
危ない橋を渡ることになるけど、書き換えてしまえば名前の出た政治家衆も安心だろうし、そうしよう、という自己保身とザ・忖度。

結果的に改竄・書き換えたことが却って疑惑を増すような方向になっていますが。

そもそも、国有地っていうのはどういう手続きで国の所有になるのでしょうか。
ほとんどは、何らかの理由があって国に接収された土地ではないですか。
相続税の物納とか。今回問題の土地、9億円だということですが、国が9億払って手に入れた土地ではないだろうと思います。
思うだけですけど。これって貸すなり売るなりしなければ、歳入にも寄与しない、価値はあっても実際は死んでいる資産です。

森友学園側は、当初この土地は借地で学校の建設を始めたけれども(その時は購入資金が無かったそうだ)、地中からガラクタが出てきたところで急遽購入する方向に舵を切ったとのこと。
これはひょっとして安く買えるのでは、と思ったとしても不思議ではないです。

そして国有地といえども、値引きして販売することは過去事例があるようで、決してレアケースではない。
9億が1億に、というのは極端かもしれませんが、それで取引が成立したのであれば、役所側が学園との交渉に負けてしまっただけのこと。

国の財産をに安く払い下げた、というのが犯罪だというなら、そこら中に似通った話があるではないですか。
○○新聞社の土地、とか。それも犯罪ですか?

国の財産を安く売るのがいけない、というなら競売で「不当に」国民に高く売るのはいいのか、という反論もアリですね。基準地価通りに商売するべきだ、と。

総理大臣には、国有地の払い下げに関する職務権限はないでしょう。
しかも贈収賄という事件性もないのに何が「アッキード事件」だの「森友疑獄」だというのか。
アタマの良い人達(野党とマスコミ)はこれだからつきあえない。


[3463]   ゆとり教育の教訓  −H30.3.14 (水)−


本日、大変お世話になった方の訃報を聞きました。
福島社長のご冥福を心よりお入りの申し上げます。

また、本日は新潟の公立高校の結果発表。
社員の息子が見事桜が咲く。
楽しい高校生活を送って欲しいですね。


さて、そんな悲喜交々の後に何ですが・・・
久しぶりの長文ですが・・・

悪名高い「ゆとり教育」についてです。
これ大失敗でしたよね?

主旨は、学校の授業よりも家庭や学校外の方が大切だから、学校の授業を少なくして子供達を遊び回らせよう。
また、子供を盾に取れば大人も休みが取りやすくなって楽が出来るよね。

それに何より、日本の知力が落ちれば自然と日本の国力も落ちるし、我らの目指す「努力しても、努力しなくても、優秀であっても、出来が悪くても平等」という社会主義国家建設が一歩近づく。
という日教組の熱い思いでしたね。

が、大失敗。
「そんなアホな話があるか!」と取りやめになった。

そして現在、「ゆとり教育」をそのまま持ち込んだ「ゆとり社会」を進めようとしている。

仕事よりもプライべートが段違いに大切だから、仕事を減らして、大人達を遊び回らせよう。
また、家族・子供を盾に取れば大人も休みが取りやすくなって楽が出るし。

そして日本の労働力が減れば自然と日本の国力も・・・(以下略)

という、大失敗した「ゆとり教育」を名前を変えて、もっと悪化した「ゆとり社会」にしようとしている。

そして「水は低きに流れる」ものですから、「楽が出来るなら」と「ゆとり社会」を大人が迎え入れようとしている。

この前の裁量労働制なんかもそうですね。
本当、不思議と反対する者ほど「仕事が出来ない人」。
「優秀ではない人」です。
そういう人ほど待遇やら、休みやらを騒ぎ立てる。

自分に力がないのをよく知っているのでしょう。
よくいますね。
自分が成績が悪いと人を同じレベルにしようと、邪魔をしたり、足を引っ張ったり、引きずり下ろしたりする人。

自分の不平不満を伝播させる。
文句、悪口、愚痴を広めて、全体を負のオーラに包ませて、自分が頑張らなくても良い理由を作ろうとする人。

この手の人ほど自分の権利の主張は強いのに、義務に関しては殆ど果たさない。
出来るだけ手を抜く、楽をしようとする。
でも自分の主張だけは強固に主張。

この手の人からすると「ゆとり社会」なんてたまらなく嬉しいでしょう。
何せ頑張らなくても良い、いや、頑張ったらダメなのですから。
でも権利だけはガンガン主張できる。

しかし本当、「ゆとり教育」が失敗だと分かっているにも関わらず、何故今の日本は「ゆとり社会」を突き進めようとしているのでしょうか?

良いですか?
「ゆとり」なんてふわっとした言葉に騙されてはなりませんよ。
「ゆとり=完全なる失敗」だと結果が出ているのですから。
「ゆとり社会」も同じです。
大失敗する事が確定しているのです。

それにも関わらず、何故か今の日本は「ゆとり社会」を突き進めようとしている。

この先、子供ならまだ修正は効きますが、甘やかされた大人達が元に戻れますかね?
ただただ、権利を主張するだけの見苦しい大人だらけの社会。
そんな社会が進歩、発展して行くでしょうか?

官僚やら政治家やら、そして日本人一人一人によーーーく考えて欲しいものです。


そう言えば先日「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」という、スウェーデンから日本へ来た漫画好きの女性のエッセイ漫画を読みました。

1〜2巻の頃は日本礼賛。
しかし3〜4巻になると、日本の社会、仕事についてスウェーデンに比べると遅れている。ダメな社会だと文句たらたら。

スウェーデンは3分の1が公務員。
その他は周辺国へ電力を供給する巨大企業が殆どという、ほぼ社会主義国家みたいなものです。
そんな中身は社会主義国家と比較されて、日本人の仕事や社会についてとやかく言われたくないわ!!!と思い最後はほぼ飛ばし読みでした。

日本人は外国人から「日本のここがおかしい」と言われるのを喜ぶ人種ですからね。
そんな周りの人々に乗せられて、きっと段々と調子に乗ってしまったのでしょう。
最初が面白かっただけにとても残念です。


まあ、日本の社会。
自分の子供達にどんな社会を残してあげるのか?
よーーーーーく考えないとダメだと思います。
それが今社会を作っている「大人」としての一番の役目です。

その大人が、
「仕事なんてしなくて良ければしない方が良い。プライベートの時間さえあれば良い」
「義務?何それ?権利だけ主張していればOK」
なんて言っていたら、とても子供達の未来の社会は暗くなるでしょう。

いや、真面目に凄い不況になって、不況打破の人類の本能である「戦争」になるかも知れませんよ。
考えてみて下さい。
貧乏な国ほど戦争していますから。
不況解決の一番の方法は「戦争」というのは歴史が証明していますから。

そして何より、「戦争反対!」「平和が一番!」と叫ぶ人ほど戦争に引っ張って行きますからね。

よーーーーーーーく考えましょう。

生産(仕事)をせず、消費(遊び)ばかりを推進する世の中が成り立つのかどうか?を。
そしてその国が行きつく先を。


そう言えば、「ゆとり教育」が直撃した世代(1996年〜2003年生まれ)が、ここ最近の、恐らくほんの数年しか持たない好況による人手不足という今の時期 に「ゆとり社会」に就職する訳ですよね?

その子達は「ゆとり教育→ゆとり社会」という最悪のルートを辿っている訳です。
この先、必ず来る不況や「厳しい社会」に直面した時にどうなるのでしょうかね?

本当、可哀想です。

まあ、まともな教育を受けて来た筈なのに「ゆとり社会」で勘違いした人達も大変なのは同じか・・・。

結局はアリとキリギリスの寓話ですかね。
冬(不況)になって凍死しない様に、今からしっかりと蓄えておかないとですね。
仕事を一所懸命やる。
仕事を大切にする。
という意識や感覚を。


[3462]   反面教師にすべき  −H30.3.13 (火)−


鼻水が止まらないです。
「花粉症じゃないの?」なんて言われましたが、私は肉食なので花粉症ではありません。
しかし2週間近く続いている。
困ったものです。

さて、私がテレビ朝日を朝見ているからなのでしょうか。
またはヤフーのニュースは毎日や朝日、時事通信などのあの系統のニューすが多いからなのでしょうか。
鬱陶しい位に森友学園のネタを流しています。

これであわよくば安倍総理を引きずり下ろせるのではないか。
せめて麻生大臣を引きずり下ろしたいと。
とても喜々として。

「聞きました奥様〜♪」
「知ってました奥様〜♪」
「○○××がこうだったんですって〜♪」
「いや〜ね〜♪怖い怖い♪♪」
「本当許せないわよね〜♪」
という感じです。

本当、ギリシア人の物語に書いてありましたが、不平不満を煽る扇動者に乗せられると痛い目に遭いますよ。

もう一度載せておきますね。

【衆愚政のリーダー】
・民衆が心の奥底に持っている獏とした将来への不安を、煽るのが実に巧みな人
・民衆を扇動する人
・マイナス面を暴き出すことで不安を煽るタイプのリーダー

衆愚政治は愚の骨頂です。
お隣の国(と呼べるのかもう定かではないレベルですが)の様に「情治国家」になっちゃいますから。


[3461]   不思議の国の  −H30.3.12 (月)−


何と言うか・・・
最近つくづく思うのですが、私が常識だと思っているものが全く通用せず、「あれ?もしかして自分がおかしいのか???」なんて思う事がしばしばあります。

まあもちろん「私の常識が世間の常識だ」なんて思ってはいませんが、それにしても不可解な事が多い。
何と言うか返答やら、対応に苦慮する事がしばしばあるんのですよ。
頭に「????」と浮かぶ事が・・・。^^;

ただ「今の世の中はそういうものだ」と言われてしまえば、そう思うしかないのですけどね。
時代は変わりますし、それで世の中が上手く回るというのならばそれが正しいのでしょう。

でも見ている限りでは、あまり上手く回っているとは思えないですけどね。
私から見て不思議な場合は、自分の首を絞めているだけにしか見えない事が多々あるので。

で、ここで大事な覚悟です。
私の理解できない「不思議」を叩き潰して行くか。
それとも、それを上手に利用して行くか。
これは「上手に」が正しいのでしょう。

「今の若い者は」と言ってもしょうがないのは歴史が証明していますから。

でも時には「ガーーーーーッ!!!!」と言いたい時もある。
「そんな馬鹿な話があるか!!!!!」と。
うはは。^^;
だがしかし、それをグッと堪えるのも男の修行でしょう。

という事で、私から見て不思議だと思う時は、まずそれを一旦受け入れて、その上で良い方向に提案して行くのが大事だろうと思う次第であります。
それでこそ「建設的なもの」が生まれて行くのでしょうから。

ただまあ、今の朝日系列が大喜びをして報道している森友学園の話。
あれ何なのですかね???
何が問題なのかさっぱり分からないです。

野党やら朝日などは、とにかく自民党を批判したいだけというのは分かりますが、裁量労働制が無くなったのでネタがなくなり無理やり作ったのでしょうけどね。

次は「高度なんちゃったらプロフェッショナルなんたらを問題にする!!」なんて言っていましたが、労働組合からストップでも掛かったのか、まったく話が消えちゃいましたし。

恐らく根底には「憲法改正を阻止!」、「だから安倍政権を叩け!!」という意識があるのでしょうが、それにしても批判のための批判ほど聞き苦しいものはないです。

がしかし、それも私の中では不思議ですが、もしかしたらそれが世の中の常識なのかもしれません。
「文句を言う、ケチを付け続けるのが人としての常識だ」という。。。

よし!一旦受け入れますか。
うーん。
いや、こればっかりはやっぱり無理だな。^^;


[3460]   厳しい躾  −H30.3.9 (金)−


一昨日の夜、帰宅し一杯飲んでいたら一本の電話・・・。
息子の学校の先生からでした。
何やら息子(小4)の事で話があるのでこれから行って良いか?との事。
再度、人様の前に立てる服に着替えて待機。

で、担任の先生と生活指導の先生が来訪。

聞くところによると・・・
息子が悪さをかなりしているとの事。
「いじめ」の入口という感じ。

もーーーー、先生達が帰られた後は大激怒ですよ。
お前の性根を叩き直してやる!!!と。

男の子ですからね。
喧嘩してくるのは良い。
というか、やれ。ってなもんです。

でもイジメは絶対に許せません。
そんな卑怯な、姑息な、汚い真似をする様な人間ならば、人様の迷惑にしかならないです。

という事で、激しい説教をした次第です。

本当、私は感覚がよく分からないのですが、たまにいますね。
自分がイライラすると物に当たったり、壁を殴ったり、他人に八つ当たりする人。

あれ何なのでしょうかね?
本当、分からない。
物に当たろうが、壁を殴ろうが、他人に八つ当たりしようがイライラは解消できないと思うのですけど。
そうでもないのかなあ???

まあ、とりあえず親として社会に出せない様な者を育てる訳にはいきません。
性根を叩き直すとします。

ただまあ・・・
私の小学四年生の時と言えば、もっと悪かったのですけどね・・・。
ですが、教える者が一番大事なのは「自分の事は棚に上げる」ですから、厳しく躾をしていきます。
親の一番の役目ですから。


[3459]   真剣に捉える  −H30.3.7 (水)−


本日は新潟県の公立高校の入試でした。
私は一日も早く受験勉強を終わらせてドラゴンクエストをやりたかったので、早めの受験をしたので公立高校の受験はしておりません。

そんな私が高校に入学をして最初の音楽の授業だったか、案内されたかだったの際に、同じクラスの友人がはしゃいでいました。

するとそれを見た先生が「あなた推薦で入って来たでしょう?」と問いかけました。
そしてその友人が「そうです」と答えると、先生が「そうだと思ったわ。目指していた学校に落ちて入学して来たら、もっと真剣になる筈だもの」と言いました。

目指している学校に合格をすれば「頑張った甲斐があった」となりますし、不合格だったとしてもその悔しさが生きるという事です。

うん?
となると推薦で入学した私は高校受験で何も学んでいなかったという事か。。。
なるほど。
道理でその後、勉学に熱が上がらなかった訳だ。orz

いや、考えてみると二次で入って来た生徒も私の様な者が多かったな・・・。
まあ、同じ経験をしてもそれを力に変えられるかどうかというのは、当然ではありますが、すべて自分次第なのでしょう。

仕事でも同じですものね。
同じ仕事をしていてもそこから学ぶ者と、ただ単に時間を過ごすだけの者がいますから。

まあ何にせよ、学ぶ気があればどんな事からでも学べます。
そしてその経験から「目標」を立てる事で、100%より良い人生を送れるようになります。

受験生達には今回の結果がどうであれ、結果から学んで欲しいと思う次第であります。


[3458]   感動体験と涙  −H30.3.6 (火)−


凄く喉が渇きます。
夜中に喉がカラカラで目覚めてしまうほど。
そして昼間も油断をしていると喉がいつの間にかカラカラになる。
鼻が詰まって口で息をしているのかな?
と思ったのですが、しっかり鼻で呼吸をしてる。

で、同じ様な症状に悩まされる皆様に朗報です。
これさえあれば喉の渇きが抑えられ、しかも咳も止まるという特効薬があるのです。

はい。
それが「glo」または「プルームテック」の電子タバコ。
凄い効果です。

紙巻きタバコの時は咳が出たりするとタバコを吸うとより咳が出ました。
しかし電子タバコは凄いですよ。
何せ煙では無く蒸気ですから。

イメージとしては、サザエさんの漫画にあった前掛けをしてテーブルの上に置いた蒸気が発生される機械みたいな感じです。
はい。私にしか分からないイメージですね。

まあ簡単に言いますと電子タバコから出て来るのは蒸気なので喉が潤うのです。
その結果として飲み物を飲むよりも喉が潤う。
電子タバコにしたお蔭で最近は私の美声にも磨きがかかったと評判ですから。

さて、そんな私のソプラノボイスの話は置いておいて・・・
先日の卒業式に出た社員より「社長は本や映画などではなく、実体験の中で感動して泣いた事はありますか?」と笑みを浮かべながら聞かれました。

考えましたね。
腕組みしながら。

感動する事は多々あります。
特に頑張っている社員を見ると。

ただ「泣く」となると・・・

何せ家訓で男が泣いて良いのは
・フラれた時か
・財布を落とした時か
・タンスの角に足の小指をぶつけた時だけ
と決まっているのでね。

まあ感動しやすいタイプなのであれば、卒業式やら結婚式やら、子供が生まれた時やらに涙の一粒くらいはこぼすのでしょうが、私そういうのではあまり感動というか感じるものがないのですよね。
責任を感じる方が強いのと、ゴルゴ13を敬愛していますので。

なので10億円の宝くじが当たる位じゃないと涙はこぼれないかなあ・・・。
または息子が宇宙飛行士になって宇宙に行くとか、年末の賞金王で勝つとかしないと。

という事で、皆さまからの涙の感動体験のお話お待ちしております。
あて先は下記のメールへ

kondo@hanjouya.com

それではお待ちしております。
うはははは。^^


[3457]   The Big M  −H30.3.5 (月)−


何でしょうかね。
昨年末から張り続けていた気がちょっと緩んでしまったのか、久しぶりに持病が出ました。

体が熱く
鼻水が出て
くしゃみが出る
咳も出るし
喉が渇く

まあいつも通り、体が熱いのは心が燃え盛っている証拠。
鼻水は水分摂り過ぎ
くしゃみは噂の的になっている
咳はタバコの吸い過ぎ
喉が乾くのは心が渇いている証拠
という事でしょう。
うはは。^^;

そう言えばファウンダーを見終わりました。
今は2回目を見始めています。

見終えた感想としては
マクドナルド兄弟可哀想だな・・・
です。

しかし、確かにあのシステムを見学したのは何人もいて、真似をする者も多数いたにも関わらず、同じ事を出来て、しかもそれを拡大させた人はいないの ですから、「レイ・クロック」は大した人物なのだろうと思います。

日本人的な感覚ではかなり悪役ですけどね。^^;

まあ、フェイスブックも発案者は違い、プログラムを頼まれたザッカーバーグがそれをパクって大きくしたのが今の姿です。
アイディアだけではダメであり、ビジネスの世界は生き馬の目を抜く世界であるというのがよく分かります。

日本で言ったら、本田宗一郎の片腕で、実質的な経営者だった藤沢武夫が裏切る様なものですからね・・・。
「ほっかほっか亭」から独立して「ほっともっと」を作ったブレナスの様なものです。

しかし現在のアメリカで同じ様な事をしたら、創業者のマクドナルド兄弟にはとんでもない額のお金が入った事でしょう。
まあ、あの当時の270万ドルでも凄い金額ではありますが。

アメリカは契約社会ではありますが、お金さえあればその契約を破棄するのを厭わない。
というのもなかなか面白かったです。


[3456]   こ〜の支配からの〜  −H30.3.3 (土)−


本日は社員の息子さんの中学の卒業式でした。
私が中学生の頃は確か3月中頃が卒業式だったと思うのですが、高校合格も決まらないうちに卒業するというのが不思議です。

そして卒業しているのに何故かその後の離任式とやらには出るとの事。

また、「ゆとり教育」の弊害で「ゆとり仕事」による悪弊を引き起こした日教組がらみで、中教組の悪巧みかと思いましたがどうも違う様ですね。
各都道府県、各市町村、各中学校によって卒業式は違う様です。

そして新潟は何故か全国でも一番早い卒業式との事。
早く卒業させて受験勉強を一所懸命やらせてあげようという親心かな???

そう言えば、昨日私の息子が「2分の1成人式」という謎の儀式をやって来ました。
これもいつから始まったのでしょうか?
あれどういう意義の元にスタートしたのですかね?

本当、近頃の学校はよく分かりません。^^;
まあ私も「学校」を卒業してから大分経つので、良い方向に進んでいる事を願います。^^

ところで、今の時代「お礼参り」や「第二ボタン」も無くなったのでしょうか?(笑)


[3455]   お疲れ様でした  −H30.3.2 (金)−


世界は広いなあ。
本当、もう少し視野を広げなくてはならんね。うん。

それにしても山中は残念でした。
やっぱり前回の試合が限界だったのですかね・・・。
でも良い吹っ切れ方をしたのではないかと思います。
第二の人生でも羽ばたいて欲しいです。

「はじめの一歩」も変な方向に行っちゃいましたし・・・。

ボクシングは切ないですねぇ。


[3454]   鶏と卵  −H30.3.1 (木)−


先日、「花いくさ」という映画を見ました。
池坊の話です。
内容としては最後がちょっと微妙ではありますが、まあ面白かったです。

しかし私はあの主役の人がどうも苦手なんですよね。
野村萬斎という方ですかね?
演技がクドイというか、クサイというか、一所懸命に演技をしようとし過ぎて見ていて疲れます。^^;

恐らくあと10年から15年くらいしたら、無理やりな演技をしなくても自然体で演技が出来る様になり、素晴らしい役者さんに慣れるのではないかと勝手思っています。
うははは^^;
まあ、本業ではないので役者を続けるのかどうかは分かりませんが・・・。

そして今DVDで「ファウンダー マクドナルド帝国の野望」ではないな、「ファウンダー ハンバーガー帝国の秘密」を見ています。
これがかなり面白い。

私はマクドナルドが好きなので、マクドナルドの歴史について書かれた本を何冊も読んでいました。
なので結構なマクドナルド通です。多分。

映画では出てきませんでしたが、マクドナルドを巨大企業に作り上げた人がハンバーガーではなく、ポテトに惚れてFC契約をさせてくれと言った話とか。
「ゴールデンアーチ」に惚れた話は映画にも出てきます。

そう言えば、ここ最近は何となく「マクドナルド」というのは日本では有名ですが、アメリカではそんなに有名ではないのかな?なんて思っていましたが、映画が作られる位なので有名企業なのでしょうね。^^;

まあそのマクドナルド。
創業者はマクドナルド兄弟。
でも巨大チェーンにしたのはポテトに惚れた別人。
そして兄弟との諍いの後、マクドナルドの権利をすべて手に入れたというストーリーが続くのではないかと思いますが、この後どの様な葛藤が表されるのか楽しみです。

しかし冒頭のミキサーを売り歩く主人公の姿。
あれを見ていると何だか泣けてきますね。
安ホテルに泊まって、自己啓発のレコードを聞いて勇気を奮い立たせる姿とか。
本当、何だか自分が飛込み営業をしていた時と被って。^^;
まあ自己啓発の類は違いますけど。

「ファウンダー ハンバーガー帝国の逆襲」
かなりお勧めです。
これを見終えたら次は「ゴールド 金塊の行方」です。
 

もどる

(株)繁盛屋は「看板・広告」を主とし企業・お店の繁盛のお手伝いをさせていただく会社です。

株式会社 繁盛屋
〒950-0005 新潟県新潟市東区太平3丁目9-12
TEL 025-270-5555 FAX 025-270-0727
info@hanjouya.com